分析

20140719_zak

ザックジャパンはなぜ攻撃偏重のスタイルだったのか?“自分たちのサッカー”から考える日本の進むべき道

2014年ブラジルW杯。日本はグループリーグ1分2敗、勝ち点1の最下位で大会から姿を消した。攻撃的スタイルを貫いたものの得点は3試合で2得点しか奪えなかった。この敗北を受けて、日本サッカーは方向転換をすべきなのだろうか。今大会を通じて見えた日本の課題を考える。

【欧州最先端の戦術分析】ザックジャパン、3つの敗因。日本らしいサッカーを進化させるために必要なこととは?

【欧州最先端の戦術分析】ザックジャパン、3つの敗因。日本らしいサッカーを進化させるために必要なこととは?

日本には何が足りなかったのだろうか。スペインでの指導経験が豊富で、『サッカーの新しい教科書 戦術とは問題を解決する行為である』の著者である坪井健太郎氏が、グループリーグで姿を消した日本代表の敗因と課題を分析した

ネルシーニョが日本のW杯グループ突破を断言「パスワークとスピードは3ヶ国で最も優れている」

ネルシーニョが日本のW杯グループ突破を断言「パスワークとスピードは3ヶ国で最も優れている」

Jリーグで長年指揮を執りながら日本サッカーを見続けてきたJクラブ外国人監督は現状の日本代表をどう見るのか。日本の文化や日本人の特性まで知り尽くす智将、ネルシーニョ監督(柏レイソル)に冷静かつ客観的な分析を試みてもらった。(『フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る』より)

「危機感がない」。ある市議会議員のサッカー観戦レポートが詳しすぎるで話題

「危機感がない」。ある市議会議員のサッカー観戦レポートが詳しすぎるで話題

最近、とある市議会議員の書いているJリーグ観戦レポートが詳し過ぎると、話題だ。それは、多摩市の桐木優(きりきゆたか)市議会議員が自身のホームページで綴っている試合観戦レポートである。

昨夏にエースが突然死したエクアドル。悲劇を乗り越え、世界で飛躍することができるか?

昨夏にエースが突然死したエクアドル。悲劇を乗り越え、世界で飛躍することができるか?

南米予選を勝ち上がったエクアドル。だが、チームには悲劇が起きていた。エースのベニテスが突然死したのだ。精神的にも戦力的にもダメージが大きい。果たしてエクアドルはこの悲劇を乗り越えることができるか?

若きタレント揃う“スーパーイーグルス”ナイジェリア。注目は“神を宿した”GKエニュアマ

若きタレント揃う“スーパーイーグルス”ナイジェリア。注目は“神を宿した”GKエニュアマ

アフリカ王者のナイジェリア。コンフェデでは力の差を列強に見せつけられたが、若いタレントが中心のため本大会までに一気に実力アップする可能性もある。プレミアリーグで活躍するミケルやモーゼス、神懸かり的なセーブを連発するエニュアマなど今回の“スーパーイーグルス”は攻守の軸がブレないのも特徴だ。

W杯優勝候補のスペインとドイツ元代表たちが徹底分析!

W杯優勝国はどこ? 元浦和レッズ・ブッフバルトの予想は?

12月22日放送のBS1の「サッカープラネット」は優勝狙う欧州12チームを徹底分析だ!

日本に敗れ、急降下した“赤い悪魔”の評価。ベルギー代表は本当に強いのか?

日本に敗れ、急降下した“赤い悪魔”の評価。ベルギー代表は本当に強いのか?

タレントが揃い、ブラジルW杯でも好成績が期待されるベルギー。しかしここにきて評価が落ちている。2013年最後の連戦を2つ落とし、特に日本代表が勝利したことで「本当に強いのか?」と懐疑的に思う人がいても不思議ではない。果たして“赤い悪魔”は強いのか、弱いのか。

W杯優勝の最有力候補ドイツ。ベテランGKバイデンフェラー招集の意図とは?

W杯優勝の最有力候補ドイツ。ベテランGKバイデンフェラー招集の意図とは?

欧州予選も圧倒的な成績で勝ち上がり、ブラジルW杯の優勝最有力候補にあげられるドイツ代表。そんなチームに一人のベテランGKが招集された。33歳にして初選出のバイデンフェラーだ。ドルトムントで奮闘するGKになぜ声がかかったのか?

かつての“未開の地”が挑む“サッカー大国”への道。クリンスマン監督はW杯でアメリカを躍進させることができるか?

かつての“未開の地”が挑む“サッカー大国”への道。クリンスマン監督はW杯でアメリカを躍進させることができるか?

かつては選手としてだけでなく監督としてもドイツ代表を牽引したクリンスマン。その英雄がアメリカ代表監督としてW杯に帰ってくる。自国開催の94年大会以降、コンスタントに成績を残してきたアメリカ。かつての“サッカー未開の地”はブラジルW杯で“サッカー大国”になるために、大いなる挑戦を仕掛ける。

“宝石箱”のような中盤。大会屈指の構成力を持つガーナはブラジルW杯で旋風を巻き起こせるか?

“宝石箱”のような中盤。大会屈指の構成力を持つガーナはブラジルW杯で旋風を巻き起こせるか?

前回大会でベスト8に入ったガーナ。躍進したチームは主力が残り、新戦力も台頭している。狙うのはブラジルW杯でも同等以上の成績だ。“ブラックスターズ”は再び旋風を巻き起こすことが出来るのか?

ブラジルW杯唯一の初出場、ボスニア。祖国を窮地から救ったオシムはベテランの復帰を提言

ブラジルW杯唯一の初出場、ボスニア。祖国を窮地から救ったオシムはベテランの復帰を提言

ブラジルW杯で唯一となる初出場の国がボスニア・ヘルツェゴビナだ。新参ではあるが、ジェコ、ピャニッチなど欧州サッカーでは馴染みのタレントが揃う。勝ち抜くためにはさらなる成長が必要だが、かつて祖国を窮地から救ったオシムはベテランの復帰を提言する。

かつては酷評も今は溺愛。“キャプテン”メッシはなぜアルゼンチン代表でも輝けるようになったのか?

かつては酷評も今は溺愛。“キャプテン”メッシはなぜアルゼンチン代表でも輝けるようになったのか?

南米予選を首位で勝ち上がったアルゼンチン。かつてはメッシという至宝を抱えながら、彼を活かすことができず、バルサとはまるで異なるパフォーマンスのメッシ自身も批判に晒された。だが、今ではチームのキャプテンにも指名され、国民が愛するヒーローとなっている。メッシはなぜ輝けるようになったのか? 代表チームの軌跡を追った。

元浦和フィンケ監督によって蘇ったカメルーン。W杯ベスト16への最大のポイントは“内部分裂”の防止

元浦和フィンケ監督によって蘇ったカメルーン。W杯ベスト16への最大のポイントは“内部分裂”の防止

W杯でブラジル、クロアチア、メキシコと同居したカメルーン。前回大会では無残に散った“不屈のライオン”だが、元浦和のフィンケ監督の下で復活した。エトーも復帰し、チーム状態は上向き。グループリーグを勝ち抜けるチャンスはあるが、やはり重要になってくるのはチームの結束だろう。

20131223_honduras

無名だがロンドン五輪ではベスト8。ホンジュラスがW杯で目指す歴史的1勝

メキシコを抑えてW杯出場を決めたホンジュラス代表。これまでW杯で勝利がなく、下馬評は低いが、実力はある。無名ながら得点力のあるFWを揃え、またスアレス監督は五輪世代でスペインを撃破するなど実績も伴っている。厳しい戦いは予想されるが、可能性がないわけではない。

新着記事

↑top