前田遼一

ザックジャパンの軌跡 蒼き戦士たちの躍進とブラジルでの敗北、そして未来

ザックジャパンの軌跡 蒼き戦士たちの躍進とブラジルでの敗北、そして未来

本田、香川、長谷部、内田、長友ら主力選手が語る、成功と失敗
日本代表を追い続けた記者によるザックジャパンの4年間

20140815_kengo_getty

ザックジャパン、W杯招集外の功労者たち。前田、ハーフナー、中村憲剛、細貝らが支えた4年間

ザックジャパンに招集されたメンバーは国内合宿を含めると100人を超える。そこから絞り込まれた23人のメンバー以外にも、チームを支えた功労者たちがいるのを忘れてはならない。彼らもW杯を一緒に戦った戦士たちであるのだから。ザックジャパンのブラジルでの戦いを総決算した『フットボールチャンネル03』(8月5日発売)より抜粋する。

「前田の呪い」に代わる新たなリーグ降格ジンクスが誕生か。発端は超大物歌手、今季の対象はアルビレックス新潟

「前田の呪い」に代わる新たなリーグ降格ジンクスが誕生か。発端は超大物歌手、今季の対象はアルビレックス新潟

昨シーズン序盤、Jリーグで話題になったジンクスがあった。それは「前田遼一の呪い」。ジュビロ磐田の前田遼一が、シーズン初ゴールを決めた対戦相手のクラブは、J2降格にするというものだ。

大久保嘉人がウェズレイを抜き、J1歴代通算得点ランキング6位に。「ヨシ・メーター」にも注目

大久保嘉人がウェズレイを抜き、J1歴代通算得点ランキング6位に。「ヨシ・メーター」にも注目

J1リーグ再開となった第15節は、J1歴代得点ランキングに動きがあった。大宮アルディージャ戦では佐藤寿人が2ゴール。J1通算140点となり、キング・カズこと三浦知良(横浜FC)の139点を抜き、J1歴代通算得点ランキング3位となっている。

「サッカー人生を10年前からやり直したい」。海外組の意識の高さに大きな衝撃を受けた前田遼一

「サッカー人生を10年前からやり直したい」。海外組の意識の高さに大きな衝撃を受けた前田遼一

ザックジャパンで長く1トップのレギュラーだった前田遼一。彼が代表に定着したのはザッケローニ体制になってからだった。アジアカップ優勝にも貢献するが、そこで彼が感じたのは海外組との違いだ。彼らから受けた刺激が前田の意識を変えることになった。

前田の呪いはどうなった?

今季は法則発動せず!? 都市伝説“前田遼一の呪い”を追え

 今シーズン序盤、Jリーグで話題になったジンクスがあった。それは「前田遼一の呪い」。ジュビロ磐田の前田遼一がシーズン初ゴールを決めた相手チームは6年連続でJ2降格しているというものだ。

新着記事

↑top