南アフリカ

4年前のW杯直前・ジンバブエ戦で起こった衝撃の真実。日本代表の試合で行われた八百長

4年前のW杯直前・ジンバブエ戦で起こった衝撃の真実。日本代表の試合で行われた八百長

サッカーにおける驚くべき八百長の実態を暴いた世界的ベストセラー『THE FIX』(日本語版は講談社刊『黒いワールドカップ』)。世界に衝撃を与えた著者のデクラン・ヒルは続編となる『あなたの見ている多くの試合に台本が存在する』(カンゼン)を上梓する(6月25日発売)。その著者がW杯を前に最新の八百長問題をレポートする。(翻訳:山田敏弘)

今なお記憶に刻まれる2010年6月の記憶。W杯南アフリカ大会、熱く波乱万丈だった日本代表の軌跡

今なお記憶に刻まれる2010年ワールドカップ南アフリカ大会。熱く波乱万丈だった日本代表の軌跡

2010年、南アフリカへ向かうチームは2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会とはまったく違う雰囲気だった。チームは上昇気流に乗れず低空飛行。重苦しい空気に包まれていた。だが結果はワールドカップ(W杯)ベスト16。直前で岡田武史監督による大改造が功を奏した。あのとき何が起こったのか。激動だった2010年6月のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を振り返る。

20140321_baggio

跳ね上がる金額、使途不明金、スカパーの撤退。W杯放映権料ビジネスの闇に迫る

W杯の放映権料は高騰し続けている。このままいけば、日本でW杯が見られなくなると懸念する声もある。放映権料ビジネスの裏側には一体何があるのか?

「サッカー人生を10年前からやり直したい」。海外組の意識の高さに大きな衝撃を受けた前田遼一

「サッカー人生を10年前からやり直したい」。海外組の意識の高さに大きな衝撃を受けた前田遼一

ザックジャパンで長く1トップのレギュラーだった前田遼一。彼が代表に定着したのはザッケローニ体制になってからだった。アジアカップ優勝にも貢献するが、そこで彼が感じたのは海外組との違いだ。彼らから受けた刺激が前田の意識を変えることになった。

内田が回想。ザックジャパン、アルゼンチン戦の勝因。3年前から指摘されていた“シュート意識の欠如”

内田が回想。ザックジャパン、アルゼンチン戦の勝因。3年前から指摘されていた“シュート意識の欠如”

ザックジャパンはどのようにチームがスタートしたのか。初戦となったアルゼンチン戦で歴史的な勝利を飾ったが、その要因は何だったのか。内田篤人が回想する。そして驚くべきことに、ザッケローニ監督はチームの弱点を早々と見抜いていたのだ。

新着記事

↑top