原口元気

清武にW酒井、原口、細貝も…。クラブの、自らの未来を切り開くか。1部残留をかけた戦いの行方は?

シーズンも佳境を迎える今、残り2節となったブンデスリーガでは残留争いが熾烈を極めている。それは日本人選手も例外ではない。特にハノーファーに所属する清武、酒井宏樹はチームにおいて重要な役割を担っている。

掴みどころのない勝利。香川が語る「フワっと感」。クロップ体制残り3戦でクリアすべき課題

ドルトムントは、ホームでのヘルタ戦で2-0と勝利を収めて2試合ぶりの勝ち点3を手にした。丁重に終わった今季だがドイツ杯決勝に進出し、ヨーロッパリーグ出場権獲得も視界にとらえた。しかし、香川真司は一喜一憂することなくチームの課題を口にした。

欧州4大リーグ、オプタ番付で長谷部誠が総合80位に浮上。守備的MFでは18位に

スポーツデータ会社『オプタ』が6日、欧州4大リーグ(スペイン=35節、※イングランド=35節、ドイツ=31節、イタリア=34節)に所属する選手のパフォーマンスデータを更新し、2日に敵地でブレーメンに0-1で敗れた試合でフル出場したフランクフルトの日本代表MF長谷部誠が、総合80位(前回97位)に浮上し、日本勢最高位を保持した。

新着記事

↑top