問題

総額700億円超! 負傷者続出のブンデスリーガ。ロイスにラーム…“FC負傷”でリーグV確実?

総額700億円超! 負傷者続出のブンデスリーガ。ロイスにラーム…“FC負傷”でリーグV確実?

ブンデスリーガが野戦病院と化している。マルコ・ロイスにフィリップ・ラーム、ユリアン・ドラクスラー…。各クラブの主力多数で総額は約743億8440万円にも昇る。その要因には「過密日程」と「トレーニングの負担」が挙げられている。

なぜ未だにサッカー界で体罰がなくならないのか?“強い選手”を育てるために本当に必要な指導法

なぜ未だにサッカー界で体罰がなくならないのか?“強い選手”を育てるために本当に必要な指導法

サッカーに限らず、育成年代のスポーツでは体罰や暴力問題は年々、つきない。なぜ、そんなことが起きるのか。選手を伸ばすために一番大切な育成とは何かを、『ボトムアップ式指導でチーム力を伸ばす魔法のサッカーコーチング実践編【DVD付】』の著者である、畑喜美夫氏(安芸南高校サッカー部監督)の言葉から、そのヒントを探る。

ベッカム、交通事故後初めて公の場に――演劇賞の授賞式に妻ビクトリアと共に参加

ベッカム、交通事故後初めて公の場に――演劇賞の授賞式に妻ビクトリアと共に参加

元イングランド代表主将のデイビッド・ベッカム氏が30日、ロンドン市内のパレイディアム劇場で行われた英紙イブニング・スタンダード主催の演劇賞授賞式に妻のビクトリア氏と共に参加した。同日の英紙『メール』など複数のメディアが報じた。

ミラー

CLバーゼル対レアル戦での“謎のカメラクルー”が話題。警備員の目を盗んでピッチに侵入し…

26日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節、グループBのFW柿谷曜一朗が所属するバーゼル対レアル・マドリーの試合で、ピッチ内に侵入した2人のバーゼルファンが「おかしすぎる」「これは行儀がいいのか?」などと話題となった。同日の英紙『ミラー』など複数のメディアが報じた。

2部ニームに「八百長」、マルセイユに「移籍金絡みの賄賂」。2大汚職が同時に勃発したフランス

2部ニームに「八百長」、マルセイユに「移籍金絡みの賄賂」。2大汚職が同時に勃発したフランス

フランスサッカーに陰を落とす2つの事件が同時に勃発した。2部ニームは、降格回避のために八百長に手を染めた疑惑が浮上。マルセイユは選手獲得の際に違法な取引があったことが疑われている。

新着記事

↑top