問題

【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透するために必要なこと(その2)

理不尽な指導はなぜなくらないのか? なぜいつまでたっても真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透しないのか? サッカー界への貢献を果たす一方で様々な弊害やひずみも生んでいる高校サッカーの問題点を昨年末に『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(カンゼン)を上梓したスポーツライターの加部究氏とJリーガー・幸野志有人選手(FC東京)の父としても知られ、サッカー界の育成における問題を解決すべくサッカー・コンサルタントとして活動する幸野健一氏に語っていただいた。数回に渡ってお届けする。

【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透するために必要なこと(その1)

理不尽な指導はなぜなくならないのか? なぜいつまでたっても真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透しないのか? サッカー界への貢献を果たす一方で様々な弊害やひずみも生んでいる高校サッカーの問題点を昨年末に『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(カンゼン)を上梓したスポーツライターの加部究氏とJリーガー・幸野志有人選手(FC東京)の父としても知られ、サッカー界の育成における問題を解決すべくサッカー・コンサルタントとして活動する幸野健一氏に語っていただいた。数回にわたってお届けする。

あなたが観ている試合には“台本”があるかもしれない(前編)

今、あなたが観ている試合の勝敗があらかじめ決まっていたとしても、熱狂することができるだろうか? 恐らくほとんどの人は興ざめするだろう。だが、そんな許されざることが世界中で起こっている。なぜ八百長はなくならないのか? ベストセラー『黒いワールドカップ』で八百長問題を丹念に調査した著者が再び筆をとり、最新事情をレポートする。(翻訳:山田敏弘)※2013年8月時点

注意したい日本人選手の海外挑戦。リスクある東欧移籍、明るみになった理不尽だらけの実情

今や日本人選手の海外挑戦は珍しいことではなくなった。欧州ビッククラブへの移籍を夢見て、ステップアップとして東欧クラブへ加入する選手もいるが、そこにはリスクが伴う。国際プロサッカー選手会が作成した報告書を元に実情に迫る。

本当に「ハンド」はなかったのか? 日本サッカー協会が“セクハラ疑惑”を全面否定

日本サッカー協会は10日、理事会終了後に記者会見を開き、大仁邦彌会長が田中道博・専務理事の辞任を発表した。田中理事は一部で「セクハラ疑惑」が報じられていた。協会は疑惑はなかったと発表した。

ACLも制した名門・城南一和がまさかの消滅か? クラブの資金源・統一教会が持っていた大きすぎる影響力

Kリーグに衝撃が走った。ACLも制した名門・城南一和が解散するという。統一教会から大きな支えを受けていたクラブに何が起こったのか?

新着記事

↑top