地域

石崎信弘

J最多指導歴の監督はなぜ地域リーグへ? 石﨑信弘の“熱くて面白い”選択

昨季までモンテディオ山形の監督を務めていた石﨑信弘。新天地はJクラブではなく、テゲバジャーロ宮崎という九州リーグのクラブだった。Jで最多指導歴を持つ監督はなぜ地域リーグを選択したのか。監督就任発表直後に本人に話を聞いた。(取材・文:ミカミカンタ)

プロ野球とJリーグともに本当の意味での「地域密着」の実現へ――『地域スポーツクラブ』が日本のスポーツ界を変える

プロ野球とJリーグともに本当の意味での「地域密着」の実現へ――『地域スポーツクラブ』が日本のスポーツ界を変える

サッカーも野球も、現在はさまざまな形で地域貢献(ホームタウン)活動や地域密着の活動が行われている。また、先日プロ野球の楽天が中学生年代のチーム創設を発表した。こういった取り組みが地域活性化につながり、「地域スポーツクラブ」としての存在価値を高めていくのではないだろうか?

英国人記者が語る日本のスタジアム問題。「日産スタは雰囲気足りない。横浜に3万人の屋根付きスタあるといい」

野球界にも影響。日本特有のスポーツモデルを転換させたJリーグの「地域密着」という発想

サッカーのみならず野球も、現在はチーム名に地域名が入るのが当たり前になった。地域に対する意識が高まった背景には、何よりも日本のスポーツモデルが大きな転換期を迎えたからである。REGISTA有限責任事業組合代表で『地域スポーツクラブのマネジメント』(カンゼン)の著者である谷塚哲氏は、今後、日本のスポーツモデルにおいて、ますます地域密着が重要になると指摘する。

残り5試合。カギを握るチームはどこだ?

Jリーグは日本の大きな財産!? ブンデスリーガから見たJリーグの存在意義

現在、ブンデスリーガ2部フォルトナでフロント勤務する瀬田元吾氏。日本に緊急帰国をし、浦和で「Jリーグの理念を実現する市民の会」の講師として登場した。講義のテーマは「なぜブンデスリーガは熱狂に包まれるのか」。ブンデスリーガからみたJリーグについて語った。

新着記事

↑top