大分トリニータ

大分トリニータ、2015補強診断。策士・田坂監督の手腕に期待。ストロングポイントである前線を活かせるか

大分トリニータ、2015補強診断。策士・田坂監督の手腕に期待。ストロングポイントである前線を活かせるか

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は昨季J2で7位に終わった大分トリニータを占う。

大分に「アジア枠」のブラジル人FWが加入!? その理由とは

大分に「アジア枠」のブラジル人FWが加入!? その理由とは

 大分トリニータは25日、ブラジル人FWムリロ・アルメイダの加入を発表した。しかし、この選手は通常の外国人枠ではなく「アジア枠」としてカウントされる。なぜそのようなことが起こるのだろうか。

レッズの守護神・西川周作選手の軌跡をたどる。小学生から始めたゴールキーパーと自分

レッズの守護神・西川周作選手の軌跡をたどる。小学生から始めたゴールキーパーと自分

オシムジャパン時代の2006年に日本代表初招集を受け、2009年10月の香港戦(清水)で国際Aマッチデビューを果たして以来、西川周作(浦和)は日本を代表する名GKとして確かな実績を残している。大分県宇佐市で育った小中学校時代はGKコーチ不在の環境で練習に勤しみ、大分トリニータのアカデミーでその才能を大きく開花させた彼に自身の少年時代を振り返ってもらった。(『ジュニアサッカーを応援しよう! Vol.33夏号より一部転載』)

2014J2 10月ベストイレブン

2014J2 10月ベストイレブン

FootballLABが選ぶ10月のJ2のベストイレブンは下図の通りとなりました。

頑固なまでにクソ真面目。「サッカー馬鹿一代」大分指揮官・田坂和昭の美学

頑固なまでにクソ真面目。「サッカー馬鹿一代」大分指揮官・田坂和昭の美学

2014年のJ2リーグは全体の4分の3余りを消化。いよいよラストスパートが問われる季節になってきた。「最初からスパート」状態だった湘南が早くも昇格を決める一方で、2位以下は予断を許さない状況が続いており、下位の攻防も熾烈だ。そこで「J論」では、J2の幾つかのクラブにフォーカス。そのラストスパートを展望するために打った術策に注目する。今回は6位・大分の名物番記者・ひぐらしひなつ氏に、ジェットコースターのような九州の雄の「2014」を語ってもらった。

20140809_j2lab

2014J2 7月ベストイレブン

FootballLABが選ぶ7月のJ2のベストイレブンは下図の通りとなりました。

20140730_j2_kudo

J2戦線異状あり。J1経験クラブの不振と新興勢力の躍進

J2が荒れている。湘南は既に独走態勢に入っており、上位には松本や岡山という新興勢力の名前が。一方、かつてJ1に所属していたクラブが苦戦を強いられている。ここまでのJ2を改めて振り返りたい。

育成目線で観る『J2のススメ』。これを楽しむのにサポである必要なし

育成目線で観る『J2のススメ』。これを楽しむのにサポである必要なし

週替わりのテーマで日本サッカーを熱く語る『J論』。いよいよW杯開幕までのカウントダウンが始まった昨今、世間の耳目がそこに集まるのは当然のことだが、サッカーはW杯のみにあらず。J1は中断し、「夜はW杯を観るが、昼は観る試合がない」。そんな声も聞こえてくる中で、ここは一つ下部リーグに足を運んでみるのはどうだろうか。今回の『J論』では、そんな下部リーグ観戦をエンジョイしている書き手をそろえてみた。まずは博識の党首・大島和人氏が“育成目線”と“食いしん坊目線”で下部リーグを楽しむ秘訣を伝授する。

2014J2 3月ベストイレブン

2014J2 3月ベストイレブン

「Football LAB」が選ぶ3月のJ2のベストイレブンは下記の通りとなりました。

20140301_tasaka_mtk

大分トリニータ、2014補強診断。継続性は維持、チーム力向上に求められる田坂監督のマネジメント力

フットボールチャンネルでは開幕に向けて、J2各クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、田坂体制4年目、1年でも復帰を目指す大分トリニータを占う。

新着記事

↑top