安田理大

安田理大が明かす、韓国2部移籍の真相。体感したJリーグとの違い「日本人選手は少し甘い」

名古屋グランパスを契約満了により退団した元日本代表DF安田理大。その去就に注目が集まったが、新天地に選んだのは韓国2部の釜山アイパークだった。Jリーグでは数々のクラブを渡り歩き、オランダでのプレー経験もある安田が、なぜ韓国2部のクラブを選んだのだろうか? その背景、そして日本と韓国の違いについて感じたことを語ってくれた。(取材・文:キム・ドンヒョン【韓国】)

ヴィッセル神戸、2015年補強診断。勝利の味を知る指揮官を招聘。悲願の初タイトルなるか

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は名将を招聘し、悲願のタイトル獲得を目指すヴィッセル神戸を取り上げる。

移籍した選手をサポーターはどう迎えるべきか?

J1第5節サガン鳥栖対ガンバ大阪戦後に起きた出来事が議論を呼んでいる。

新着記事

↑top