室屋成

U-23日本代表のパフォーマンスはどうだったのだろうか

日本、守備のミスで2失点。攻撃陣奮闘で同点も勝ち点3逃す【どこよりも早い採点/リオ五輪サッカー】

8月8日、日本対コロンビアの一戦が行われ2-2と同点で終わった。U-23日本代表のパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

日本、コロンビアに引き分け突破の可能性残す。48年ぶりのメダル獲得に望み【リオ五輪サッカー】

U-23日本代表は8日、リオデジャネイロオリンピック1次リーグでコロンビア代表と対戦した。

手倉森監督

手倉森Jのシナリオ崩したミスの連発。追いかける展開で必要だった「ボールを奪う守備」【西部の目/リオ五輪サッカー】

現地時間4日、リオ五輪の初戦を迎えたU-23日本代表。手倉森監督率いるチームは、堅守を持ち味にしていたにもかかわらず、ナイジェリアを相手に5失点を喫した。4得点は明るい材料だが、事前に描いたシナリオとはまったく異なる展開になってしまったように思える。(文:西部謙司)

日本代表

日本、守備崩壊でトラブル続きのナイジェリアに敗戦。リオ五輪初戦で”ハット”許す

U-23日本代表は5日、リオデジャネイロオリンピック1次リーグでナイジェリア代表と対戦した。

日本代表U-23

手倉森J、リオ五輪初戦は5失点惨敗。OAと融合できず守備崩壊【どこよりも早い採点】

8月5日、日本対ナイジェリアの一戦が行われ4-5で敗退。U-23日本代表のパフォーマンスはどうだったのだろうか。

南野拓実と室屋成

南野拓実と室屋成――。「負けん気」で成長してきた“幼馴染”ふたりがオリンピックの舞台で輝く

来週開幕するリオデジャネイロ五輪日本代表メンバーである南野拓実と室屋成。ふたりが同郷の幼馴染であることはあまりに有名だ。良きライバルであり良い友人でもあったというふたりは、お互いのことをどう感じているのだろうか。(文:元川悦子 『僕らがサッカーボーイズだった頃3』より一部抜粋)

2016072811_joy_kudo

JOYさんオススメの若手Jリーガー10人。芸能界屈指のサッカー通が推薦、要チェックの選手たち【編集部フォーカス】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。芸能界屈指のサッカー好きとして知られるタレントのJOYさんが、Jリーグのなかから、23歳以下(1993年1月1日以降生まれ)の要注目Jリーガーを選出! いったい誰が選ばれるのか!(選定:JOY/構成:中山佑輔)

手倉森誠監督

手倉森J、五輪へラストサバイバル。仲間の想いを『託す者』と『託される者』の行方

リオデジャネイロ五輪に出場する日本代表メンバー発表の時が迫っている。オーバーエイジ枠3人を除くと、手倉森監督の下でプレーしてきた選手たちから選ばれるのは15人のみ。最後のアピールとなったU-23南アフリカ戦を終え、「託す者」「託される者」に分かれる現実を直視しなければならない選手たちの胸中に迫る。(取材・文:舩木渉【松本】)

U-21、韓国戦を前に4-3-3での戦い方が洗練。SBとウイングの守備がアンカー・遠藤を生かす

U-21、韓国戦を前に4-3-3での戦い方が洗練。SBとウイングの守備がアンカー・遠藤を生かす

韓国・仁川で行われているアジア大会。U-21日本代表は、パレスチナを4-0で下して準々決勝進出。無失点で終えるなど、守備の整理が進んだことで攻撃にも相乗効果が生まれた収穫の多い勝利となった。

20140915_nakajima_getty

まるでW杯のオランダ代表――。初戦に快勝、手倉森ジャパンが見せたダイナミックなスタイル

アジア大会の初戦、クウェート戦。苦しむ時間帯がありながらも終わってみれば4-1。快勝でまずは1勝をあげた手倉森ジャパン(U-21日本代表)。守備的な布陣に見えたが実際には厚みのある攻撃を見せた。そのスタイルに迫る。

新着記事

↑top