岩政大樹

【岩政大樹×ウクライナ戦】なぜ日本は守備に隙が生まれるのか? 頑固なハリルは諸刃の剣に

日本代表は27日、ウクライナ代表と対戦し1-2で敗れた。この試合ではどんな成果や課題が見つかったのか。2010年の南アフリカワールドカップの日本代表メンバーに選ばれ、現在東京ユナイテッドFCで選手兼コーチとして活躍する元日本代表DF岩政大樹に、現役ディフェンダー目線で話を伺った。(分析:岩政大樹、構成:編集部)

【岩政大樹×マリ戦】ハリルJに足りなかったワイドな攻めへの対応力。磨くべき世界仕様の距離感

日本代表は23日、国際親善試合でマリ代表と対戦し1-1で引き分けた。この試合ではどんな成果や課題が見つかったのか。2010年の南アフリカワールドカップにも出場し、現在東京ユナイテッドFCで選手兼コーチとして活躍する元日本代表DF岩政大樹に、現役ディフェンダー目線で話を伺った。(分析:岩政大樹、構成:編集部)

自分は「谷間の中の谷間」。岩政大樹、独自のキャリアを歩み生まれた自信【谷間の世代と呼ばれて】

1979年生まれ組が「黄金世代」と称される一方で、「谷間の世代」と呼ばれていた1981年世代。ワールドユース(現U-20W杯)や五輪ではグループステージ敗退を経験したが、2010年の南アフリカW杯では決勝トーナメントに進出した日本代表チームで軸となる世代となり、今なおJクラブで主力を担う選手たちもいる。鹿島アントラーズ、タイのBECテロ・サーサナ、ファジアーノ岡山を経て現在関東1部の東京ユナイテッドFCでプレーする元日本代表DF岩政大樹は、自身のキャリアについてどのような思いを抱いているのだろうか。(取材・文:元川悦子)

鹿島を復活させた「3つの要求」。王者に隙なし、J1記録での連覇も視野に

王者・鹿島アントラーズが独走態勢に入った。ガンバ大阪をカシマサッカースタジアムに迎えた23日の明治安田生命J1リーグ第27節で、後半アディショナルタイムにDF植田直通が劇的な決勝ゴールを決めて5連勝をマーク。序盤戦の不振から、大岩剛監督の就任とともに鮮やかなV字回復を遂げた今シーズン。3連覇が途切れた2010シーズン以降では最多となる「61」の勝ち点を獲得し、2位の柏レイソルに8ポイント差をつける圧倒的な強さの源泉を探った。(取材・文・藤江直人)

2016年J2ベストイレブン。Fチャン編集部が選定、シーズン通してクラブ支えた11人【編集部フォーカス】

J1昇格プレーオフをセレッソ大阪が制し、2016シーズンの戦いが終わった明治安田生命J2リーグ。北海道コンサドーレ札幌、清水エスパルス、セレッソ大阪の3クラブがJ1昇格となったが、今季はどのような選手たちの働きが目立っただろうか。今回はフットボールチャンネル編集部が選んだ、2016シーズンのJ2ベストイレブンを発表する。

岩政大樹の生きざま。J1昇格はならず、岡山退団を発表。結果への責任とけじめ

セレッソ大阪が3シーズンぶりのJ1復帰を決めた、今シーズンのJ1昇格プレーオフ。熱き戦いをさらに盛り上げたのは、クラブ史上最高位の6位で初出場を果たしたファジアーノ岡山だった。準決勝で3位・松本山雅FCを撃破する下克上をなし遂げ、4日の決勝でも4位のセレッソに最後まで食い下がった。4日後の8日に退団が発表されたキャプテンにして精神的支柱、34歳の元日本代表DF岩政大樹のファジアーノにおける2年間を含めた熱き生き様を、彼が残した言葉から追った。(取材・文・藤江直人)

【ダイジェスト】平畠啓史さんが選ぶ、J2前半戦ベストイレブン。芸能界屈指のJリーグ通は誰を選ぶ!?

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。Jリーグサポーターにはおなじみ、平畠啓史さんが、2016J2リーグ前半戦のベストイレブンを選出! システムは攻撃陣を厚くするという平畠さんの意向で3-5-2を採用。いったい誰が選ばれるのか!(選定:平畠啓史/取材・構成:中山佑輔)

平畠啓史さんが選ぶ、J2前半戦ベストイレブン。芸能界屈指のJリーグ通は誰を選ぶ!?【編集部フォーカス】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。Jリーグサポーターにはおなじみ、平畠啓史さんが、2016J2リーグ前半戦のベストイレブンを選出! システムは攻撃陣を厚くするという平畠さんの意向で3-5-2を採用。いったい誰が選ばれるのか!(選定:平畠啓史/取材・構成:中山佑輔)

ファジアーノ岡山、2015補強診断。昨季終盤大失速。元代表とともに昇格へ

フットボールチャンネルでは開幕に向けて、J2各クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨季8位でシーズンを終えたファジアーノ岡山を取り上げる。

タイで奮闘する岩政「成功ならJを超える年俸、失敗なら行き場を失う…」。リスキーな環境で自信を取り戻す

今季、10年間を過ごした鹿島アントラーズを離れてタイのBECテロ・サーサナに入団した岩政大樹。欧州元代表選手もひしめくハイレベルなリーグで確かな成功を掴んだ。

新着記事

↑top