川島永嗣

「23人じゃなくて、25人」。献身的にチームをささえる権田修一。“第3GK”が語るチームで戦う意味

「23人じゃなくて、25人」。献身的にチームをささえる権田修一。“第3GK”が語るチームで戦う意味

常に日本代表に招集されながらも出場機会の無かった権田修一。エリート街道を進んだ彼にとって、この状況は難しいものだ。それでも「素晴らしい経験だった」と語る縁の下の力持ちの存在は大きなプラスだ。

日本代表GKコーチが語る聖域なきポジション争い。守護神に求められる“3人が試合から消えない”こと

日本代表GKコーチが語る聖域なきポジション争い。守護神に求められる“3人が試合から消えない”こと

W杯に向けた直前合宿において、独特の空間を作り上げていたGK練習。川島、西川、権田の中でアドバンテージがあるのは川島だが、練習において“聖域”は存在しない。3人それぞれが異なる特徴を持ち、重要な役割を担っている。

20140526_kawashima2

川島永嗣が背負う落選した仲間たちの思い。「憲剛さんの強い思いも知っていました」「23人の力だけじゃない」

二度目の世界舞台へ挑む川島永嗣。彼が口にしたのは、落選した仲間たちへの思いだ。特に中村憲剛とは川崎時代も共にプレーしており、特別な感情があるようだ。

日本対ニュージーランド。またも不安定な守備、不完全燃焼な試合【どこよりも早い採点】

3月5日、日本対ニュージーランドの一戦が行われ、4対2で日本が勝利した。ザックジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

20140305_nihon

日本代表戦直前プレビュー。テーマは“復習”、先発メンバーに変化なく控え選手にとっては厳しい試合に

ニュージーランド戦を戦うザックジャパン。先発メンバーはこれまでの主力が中心でお馴染みの名前が並んだ。というのも代表を追う記者からの情報によると、ザックが掲げていたテーマは“復習”。新戦力の発掘というよりもチームのベースを強化したい意向で、当落線上の選手たちにとってはわずかなチャンスでアピールするしかなさそうだ。

守護神・川島が語る本田への絶対的な信頼「ビッグクラブなら批判は当然。今の状況も彼なら確実に超えていく」

守護神・川島が語る本田への絶対的な信頼「ビッグクラブなら批判は当然。今の状況も彼なら確実に超えていく」

ニュージーランド戦が迫るなか、守護神の川島永嗣が口を開いた。香川と本田がクラブで苦戦し、その影響が心配されるが、川島はそれを一蹴した。彼が語ったのはエースへの信頼だ。

20131219_hasebbe

02年は中山・秋田、10年は川口が“まとめ役”として貢献。ザックジャパンに“ベテラン枠”は必要か?

組分けも終わりいよいよW杯へ向けて日本代表のチーム作りも仕上げの段階だ。大会を戦う上で重要なのは総合力。過去はベテランが影でチームを支え、好成績を収めた。果たして今のチームに“まとめ役”としての“ベテラン枠”は必要だろうか?

川島永嗣が語る、ベルギー戦がザックジャパンにとってこれまでより重要な試合である理由

川島永嗣が語る、ベルギー戦がザックジャパンにとってこれまでより重要な試合である理由

オランダ戦をベンチから見守った川島永嗣。ベルギー戦へ懸ける思いは強い。正GKを守るためというのもあるが、チームとして大事な試合であることを守護神は強調する。

「自分たちを測る試合ではない」。“第2のホーム”で勝利を渇望する川島。ベルギー戦で正GKとしての真価を見せることが出来るか?

「自分たちを測る試合ではない」。“第2のホーム”で勝利を渇望する川島。ベルギー戦で正GKとしての真価を見せることが出来るか?

ベルギー戦を人一倍強い気持ちで迎える選手がいる。GK川島永嗣だ。現地ベルギーでプレーし、何人かの選手は実際に対戦している。また、オランダ戦はベンチスタートだった。自分が正GKだと示すためにも勝利は必要だ。

20131020_kawashima2

守護神・川島が見た代表の不調「目先の結果にこだわる時期ではない。自分たちのキャパを広げたい」

10月の連戦で連敗。内容も芳しくなく、ザックジャパンは不調だと言っていい。ゴールマウスからチームを見守る川島永嗣は何を思うのか。本人は課題の改善を口にしながらも自信を失っていない。

20131014_roris

もう一つの“ゴールデンエイジ”における問題点から検証。なぜ日本で優秀なGKが育たないのか?

日本と強豪国の差の一つにGKがあげられるだろう。フィールドプレーヤーはビッグクラブでもプレーするようになったが、GKの差は大きい。その要因は育成年代の問題点にあるのでないか。育成における“ゴールデンエイジ”から検証する。

新着記事

FChan TV

↑top