差別

川崎Fが来場者にバナナをプレゼント。差別撤廃メッセージ“笑顔のくだもの”カードの封入に賞賛の声

川崎Fが来場者にバナナをプレゼント。差別撤廃メッセージ“笑顔のくだもの”カードの封入に賞賛の声

第24節の川崎フロンターレ対FC東京の多摩川クラシコではスタジアム来場者にバナナがプレゼントされた。川崎フロンターレのスポンサーである食品会社Dole社が行っているもので、来場者に「ドール極撰バナナ」が2本配られた。

選手への挑発的行為は日常? 神奈川ダービーだから起きた差別的行為

選手への挑発的行為は日常? 神奈川ダービーだから起きた差別的行為

23日、ニッパツ三ツ沢球技場で横浜F・マリノスサポーターが川崎フロンターレの選手に対して、バナナを振る人種差別的行為を行った問題。

「人種差別行為」ではなく、「挑発行為」? サッカーファンの間でも違和感を指摘する声も

「人種差別行為」ではなく、「挑発行為」? サッカーファンの間でも違和感を指摘する声も

23日に行われた横浜F・マリノス対川崎フロンターレ戦の試合中、マリノスサポーターが行ったバナナを振る人種差別行為の問題が波及している。この当該サポーターに無期限入場禁止処分をクラブ側は発表済み。今後は、Jリーグから何らかの処分がクラブに下されると見られている。

平等意識向上のためか。サンプドリアが「ボールガール」を起用

平等意識向上のためか。サンプドリアが「ボールガール」を起用

セリエAのサンプドリアがボールボーイに替えてボールガールを起用したことが欧州中で話題となっている。

ロシア僧侶が自国代表の敗退を歓迎「同性愛者的な非道行為に参加せずに済む」。差別的思想でカラフルなシューズを批判

ロシア僧侶が自国代表の敗退を歓迎「同性愛者的な非道行為に参加せずに済む」。差別的思想でカラフルなシューズを批判

キリスト教派の一つ、ロシア正教会の司祭アレクサンデル・シュムスキー氏が、同教会のウェブサイト「ロシア人だより」の中で、ブラジル・ワールドカップ(W杯)のグループステージで敗退したロシア代表の敗因として、3大ブランド「ナイキ」、「アディダス」、「プーマ」が今大会へ向けて発表した蛍光色のスパイクを上げ、批判したことが話題となっている。

本からも“バナナの輪”。今度は鹿島のセレーゾ監督がバナナをほおばる

日本からも“バナナの輪”。今度は鹿島のセレーゾ監督がバナナをほおばる

鹿島のトニーニョ・セレーゾ監督も人種差別撲滅アピールに参戦した。29日に行われたJ1第10節の清水戦、鹿島は2-1で勝利し首位を守った。その後の監督会見で、「アウベスに続き人種差別撲滅キャンペーンに参加します」と自らの意思を示してバナナをほおばった。

浦和「差別行為」問題、無観客試合には「妥当」の意見多数。毎年とばっちりの清水サポには同情も

浦和「差別行為」問題、無観客試合には「妥当」の意見多数。毎年とばっちりの清水サポには同情も

13日、Jリーグが浦和の横断幕問題をめぐり、浦和レッズに対して3月23日の対戦カードを「無観客試合」にする処分を下した。Jリーグ史上で最も重い処分となったが、Yahoo! ニュースでは“浦和への「無観客試合」の処分は妥当?”という意識調査を実施。

ジェフ千葉サポーター問題。「こんなことしているからいつまでも昇格出来ない」と痛烈批判も

ジェフ千葉サポーター問題。「こんなことしているからいつまでも昇格出来ない」と痛烈批判も

J2開幕から2試合、試合後のジェフ千葉が騒がしい。開幕戦となった栃木SC戦では、敗戦を受けて一部のサポーターが居残り、選手バスを囲むなどの騒動を起こしてニュースとなったのは記憶に新しいところだろう。そして第2節のファジアーノ岡山戦でも試合後のサポーターの行動が問題となっている。

当該サポの無期限入場禁止など、浦和レッズが“差別行為”認め処分。問われる今後の姿勢

嫌韓なウルトラ、李獲得での波紋。浦和レッズ“差別行為”問題、火種を放置した罪深きクラブ

浦和レッズはクラブとして今回のような差別行為が起こることを予期し、未然に防げた可能性は十分にある。なぜなら、ウルトラには嫌韓の性質があり、新加入への李忠成へのブーイングもあったからだ。クラブは本当に変わることができるだろうか。

J規約変更がもたらした浦和の無観客試合。期待したい差別への認知とサッカーを超えた日本社会全体への影響

J規約変更がもたらした浦和の無観客試合。期待したい差別への認知とサッカーを超えた日本社会全体への影響

浦和レッズのサポーターが出した横断幕に差別的表現があった問題で、Jリーグは無観客試合という処分を下した。この制裁はJリーグが規約を変更していたことで実現したもの。差別撤廃へ、期待したいのはサッカーを超えて良い影響を日本全体にもたらすものだ。

当該サポの無期限入場禁止など、浦和レッズが“差別行為”認め処分。問われる今後の姿勢

当該サポの無期限入場禁止など、浦和レッズが“差別行為”認め処分。問われる今後の姿勢

浦和レッズの一部サポーターが出した横断幕が差別行為ではないかと言われていた問題で、クラブが正式に差別行為だと認めた。当該サポーターの無期限の入場禁止など処分も発表した。

新着記事

↑top