市場価値

1月の欧州移籍市場で最も価値の高いスター選手はメッシ

1月の欧州移籍市場で最も価値が高い選手はメッシ。約308億円!

FIFA(国際サッカー連盟)の公式機関CIES(スポーツ研究国際センター)が5日、欧州移籍市場における最新の選手価値ランキングを発表し、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2億2000万ユーロ(約308億円)でトップに立った。

合計市場価値で見るドルトムント。ノルマは欧州CLベスト8&リーグ2位。その先へ、キーマンは香川

合計市場価値で見るドルトムント。ノルマは欧州CLベスト8&リーグ2位。その先へ、キーマンは香川

香川真司が復帰を果たしたドルトムント。欧州クラブの市場価値ではどの位置に付けているのだろうか? 欧州CLグループリーグで同組となったアーセナル、ガラタサライ、アンデルレヒトをランキング化して戦力値を占う。

市場価値で見るW杯での日本の“立ち位置”。8グループ中最下位の「C」、ザックジャパンはその中で3位

市場価値で見るW杯での日本の“立ち位置”。8グループ中最下位の「C」、ザックジャパンはその中で3位

W杯出場国の中で日本の立ち位置はどこにあるのか? ひとつの指標となるのが市場価値だ。選手の移籍金の目安となる価値をドイツの移籍市場専門サイトが発表している。このたびW杯についての特集で、32ヶ国の価値が明らかになった。

ザックジャパンの値段は99億2600万円。W杯C組、選手の市場価値では日本は2番手

ザックジャパンの値段は99億2600万円。W杯C組、選手の市場価値では日本は2番手

FIFAランキングで比較した場合、日本は14年ブラジルワールドカップのグループリーグC組で最下位だが、選手たちの移籍マーケットでの価値(移籍金に相当する額)の合計額で比較した場合は2位に浮上する。

新着記事

↑top