手倉森誠

手倉森監督

手倉森Jのシナリオ崩したミスの連発。追いかける展開で必要だった「ボールを奪う守備」【西部の目/リオ五輪サッカー】

現地時間4日、リオ五輪の初戦を迎えたU-23日本代表。手倉森監督率いるチームは、堅守を持ち味にしていたにもかかわらず、ナイジェリアを相手に5失点を喫した。4得点は明るい材料だが、事前に描いたシナリオとはまったく異なる展開になってしまったように思える。(文:西部謙司)

日本代表

日本、守備崩壊でトラブル続きのナイジェリアに敗戦。リオ五輪初戦で”ハット”許す

U-23日本代表は5日、リオデジャネイロオリンピック1次リーグでナイジェリア代表と対戦した。

日本代表U-23

手倉森J、リオ五輪初戦は5失点惨敗。OAと融合できず守備崩壊【どこよりも早い採点】

8月5日、日本対ナイジェリアの一戦が行われ4-5で敗退。U-23日本代表のパフォーマンスはどうだったのだろうか。

ネイマール

【西部の目】手倉森J、ブラジル相手に価値ある経験。意義ある強化試合。目処が立った酷暑下での戦い方

7月30日、U-23日本代表はU-23ブラジル代表との試合に臨み、0-2で敗れた。開催国としてリオ五輪を迎えるチームを相手に苦戦を強いられたが、本大会直前の強化試合としては有意義なものだった。(文:西部謙司)

201607221_eyecatch_getty

オーバーエイジという諸刃の剣。五輪経験者の助言。過去の代表チームに学ぶ手倉森J

リオデジャネイロ五輪に臨む日本五輪代表が、いよいよ決戦の地ブラジルに入る。日本を飛び立つ直前の7月19日と20日に千葉県内で行われた短期合宿では、オーバーエイジの3人が初めて若いチームメイトと対面。それぞれの武器を発揮し、チーム力をアップさせる化学反応を起こす“触媒”となるために、過去の苦い経験を反面教師にしながら、既存のメンバーとの相互理解を急ピッチで深めていく。(取材・文:藤江直人)

手倉森誠

五輪代表、OAとの融合が最重要課題。興梠・塩谷・藤春に求められる短期間での浸透

リオ五輪、サッカー日本代表の初戦まで約2週間と迫った。五輪代表は国内で最後の合宿を行い、ブラジルへと発った。厳しいグループステージを勝ち抜くために、重要なのはオーバーエージとの融合だ。能力は高いが、既存の選手たちとの相性は未知数。本番までに上手くチームに馴染ませる必要がある。(取材・文:元川悦子)

201607020_teguramori_getty

「リオ経由ロシア行き」の道を歩む選手は? 五輪出場2年後、W杯に招集された選手たち【編集部フォーカス】

7月1日、リオ五輪に臨む日本代表メンバーが発表された。W杯はまだ最終予選が残っているが、このなかからロシアW杯のピッチでプレーする選手は何人いるだろうか? 今回は、過去5大会の五輪に出場し、2年後のW杯日本代表に招集された選手を紹介する。

手倉森誠監督

手倉森J、五輪へラストサバイバル。仲間の想いを『託す者』と『託される者』の行方

リオデジャネイロ五輪に出場する日本代表メンバー発表の時が迫っている。オーバーエイジ枠3人を除くと、手倉森監督の下でプレーしてきた選手たちから選ばれるのは15人のみ。最後のアピールとなったU-23南アフリカ戦を終え、「託す者」「託される者」に分かれる現実を直視しなければならない選手たちの胸中に迫る。(取材・文:舩木渉【松本】)

新着記事

↑top