昌子源

20181014_nagatomoshoji_getty

日本サッカーには「ずる賢さ」が足りない。長友佑都や昌子源が語る世界で勝つための「駆け引き」

日本代表は16日に行われるウルグアイ代表戦に向けて合宿を行っている。12日のパナマ戦は3-0の快勝。若い力が躍動する姿をベンチから見守った長友佑都は、あることが気になっていた。それを象徴するプレーが、図らずもJリーグの試合で出た。今こそ、日本サッカーがレベルを上げるために「ずる賢さ」を磨く時だ。(取材・文:舩木渉)

Jリーグ

平畠啓史さん選定! Jリーガー能力別No.1プレーヤー。世界に知ってほしい名手たち(後編)【編集部フォーカス】

Jリーグサポーターにはおなじみの平畠啓史さんが、能力別に優れたJリーガーを選定。「能力別No.1プレーヤー」には、一体誰が選ばれるのだろうか。(選定:平畠啓史、取材・文・構成:小澤祐作)

20180704_japan_getty

日本代表が患う“頭痛”と拭えない不安。結果は残したが…世界に乗り遅れた世代交代の波【検証・西野J<4>/ロシアW杯】

 西野朗監督率いる日本代表は、ロシアワールドカップにおいて16強進出という結果は残した。しかし、ハリルホジッチ前監督が推し進めていた世代交代は直前の解任によって白紙に戻された。一方、今大会では20代前半の選手が数多く名を上げている。4年後に向けて新たな世代の台頭は望めるのだろうか。(取材・文:元川悦子)

gen

カタールW杯へ提言したいスタメン案。4年後の日本代表イレブンをFチャン編集部が厳選 【編集部フォーカス/ロシアW杯】

 ロシアワールドカップにおいて、日本代表は下馬評を見事に覆しベスト16進出を果たした。今大会はベテランが力を発揮したが、今後は若手の台頭が求められる。今回フットボールチャンネル編集部では、4年後のカタール大会でスタメンに名を連ねることが期待される11人を選出した。

日本代表

西野ジャパン、一瞬でも…夢をありがとう。敗戦も強豪ベルギーを追い詰める【どこよりも早い採点/ロシアW杯】

現地時間7月2日、日本対ベルギーの一戦が行われ2-3で敗戦。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

ポーランド戦、失われた90分。奇跡の決勝T進出も…先発入れ替え裏目で“別のチーム”に【どこよりも早い採点/ロシアW杯】

現地時間6月28日、日本対ポーランドの一戦が行われ0-1で敗戦。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

20180625_lewa_getty-560x373

日本にとって最悪の展開とは? 気になるポーランドの戦い方。“本物の23人”に期待する事【宮澤ミシェルの独り言/ロシアW杯】

 日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第11回は、日本対ポーランドを展望する。グループステージ敗退が決まっているポーランドだが、レバンドフスキなどタレントは揃っている。そんな相手に対し西野ジャパンはどのように挑むべきか。(語り手:宮澤ミシェル)

180625_osakogaku_getty

柴崎&大迫の存在感、互角に渡り合った昌子。勝てる流れだけに惜しいが…賞賛したい一体感【西部の目/ロシアW杯】

 現地時間24日、日本代表はロシアワールドカップ・グループリーグでセネガル代表と対戦した。日本はショートパスをつなぎながらゴールを目指しつつ、セネガルのカウンターにも対応。常に追いかける展開を強いられながら2-2に持ち込み、試合をひっくり返す可能性すらあった。勝ち点1を積み上げた西野ジャパンは、一体感のある戦いを披露している。(文:西部謙司)

新着記事

FChan TV

↑top