昌子源

20141004_shoji_getty

アギーレジャパン初選出の鹿島DF昌子源。Jリーグでの経験が成長の原動力

優勝争いを演じる鹿島アントラーズから3選手が日本代表に招集された。いずれもチームでのパフォーマンスが選出を後押ししたが、センターバックの昌子源も代表の青いユニフォームを着るにふさわしい選手だ。

逆転優勝を狙う鹿島。攻守を支える加入1年目の左サイドバック・山本脩斗の安定感

逆転優勝を狙う鹿島。攻守を支える加入1年目の左サイドバック・山本脩斗の安定感

首位と勝点差7で3位につける鹿島アントラーズ。攻撃陣が結果を残す中で、ここ2試合は完封勝利と守備面も上向き。逆転優勝のためには、ひとつの負けも許されない。

注目の初陣へメンバー発表控えるアギーレ監督。23人はどんな顔ぶれに? 柴崎、昌子、塩谷、米本の招集に期待

注目の初陣へメンバー発表控えるアギーレ監督。23人はどんな顔ぶれに? 柴崎、昌子、塩谷、米本の招集に期待

28日に初となるメンバー発表を控える日本代表のハビエル・アギーレ監督。田中順也の招集をスポルティングが発表するなど、既に様々な情報が飛び交っているが、どのような人選になるのだろうか?

20140812_agire_kudo

アギーレ監督の言葉からメンバーをシミュレーション。トップ下廃止で本田は選外か。柴崎&宇佐美の選出とスタメン定着に期待

日本代表を率いるハビエル・アギーレ監督が来日会見を行った。そこでは、これからの4年間で目指すチーム作りのヒントがちりばめられていた。アギーレ監督の言葉をもとに、9月5日に迫った初戦のメンバーをシミュレーションする。

初めての埼スタに奮い立った鹿島・DF昌子源。大先輩の相手エースに食らいつく

初めての埼スタに奮い立った鹿島・DF昌子源。大先輩の相手エースに食らいつく

1-1の引き分けに終わった浦和レッズと鹿島アントラーズの一戦。鹿島としては2試合連続ドローの中で勝利を掴み、勝点3を積み上げたいところだった。しかし浦和の強力な攻撃、特に元鹿島の興梠には苦しめられた。

新着記事

↑top