杭州緑城

オーストラリア代表のティム・ケーヒル

“日本の天敵”ケーヒルは“金の亡者”なのか? 母国の“英雄”に豪州人が抱く両義的な感情

2016年2月、上海申花を電撃退団したオーストラリア代表のティム・ケーヒル。サッカルーズを牽引してきたスター選手ではあるが、上海退団後、母国復帰待望論は盛り上がりをみせなかった。その裏には、“英雄”に対するファンのアンビバレントな感情があった。

新着記事

FChan TV

↑top