松田浩

日本サッカーの守備に足りない“スペースを埋めようとする感覚”。守備マイスター・松田浩が考えるゾーンディフェンスの極意とは?

日本サッカーの守備に足りない“スペースを埋めようとする感覚”。守備マイスター・松田浩が考えるゾーンディフェンスの極意とは?

日本のサッカーがよりレベルを上げて世界の強豪国となっていくためには、守備面の成熟は必修科目である。このほどゾーンディフェンスの理論・実践に定評のある日本サッカー協会技術委員の松田浩氏との共著で『サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論』を上梓した鈴木康浩が日本の守備の課題を分析する。

日本に根付かない「正しい」ゾーンディフェンス

日本に根付かない「正しい」ゾーンディフェンス

ブラジルW杯で日本の守備はなぜ崩壊したのか? 背景には長年変わらぬ守備の問題点がある。『フットボール批評issue01』(カンゼン、9月4日発売)では、ゾーンディフェンスの観点から日本の守備文化を再考している。一部抜粋して掲載する。

2連覇したサンフレッチェ広島とJ1昇格した徳島の共通点とは?

2連覇したサンフレッチェ広島とJ1昇格した徳島の共通点とは?

 サンフレッチェ広島の逆転優勝、四国勢で初めてJ1昇格を成し遂げた徳島ヴォルティスなど、各所で見どころ満載だった今季のJリーグ。Jリーグの指揮に必要な資格S級資格保持者が溢れる昨今にありながら、いまなおJリーグの最前線で活躍を続ける以下の指導者たちに共通するものが何かおわかりだろうか。

新着記事

↑top