森重真人

NZ戦で明暗分かれた当落線上の選手たち。W杯へ“当確”の選手とチャンス逃した選手は?

NZ戦で明暗分かれた当落線上の選手たち。W杯へ“当確”の選手とチャンス逃した選手は?

ニュージーランド戦はW杯メンバー発表前の最後の試合だった。この試合で当落線上の選手たちはふるいにかけられる。この試合で見えた本大会に連れて行くメンバーとは?

日本対ニュージーランド。またも不安定な守備、不完全燃焼な試合【どこよりも早い採点】

3月5日、日本対ニュージーランドの一戦が行われ、4対2で日本が勝利した。ザックジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

現地記者に聞く日本代表ハーフタイム寸評。「光る山口のカバーリング。大量リードも右サイドが不安定」

国立競技場で行われている日本対ニュージーランド。前半はどのような出来だっただろうか。現地取材する記者に聞いた。

20140305_nihon

日本代表戦直前プレビュー。テーマは“復習”、先発メンバーに変化なく控え選手にとっては厳しい試合に

ニュージーランド戦を戦うザックジャパン。先発メンバーはこれまでの主力が中心でお馴染みの名前が並んだ。というのも代表を追う記者からの情報によると、ザックが掲げていたテーマは“復習”。新戦力の発掘というよりもチームのベースを強化したい意向で、当落線上の選手たちにとってはわずかなチャンスでアピールするしかなさそうだ。

“変化”望む権田と“継続”強調の森重。当落線上の二人が語る、代表レギュラー奪取への決意

“変化”望む権田と“継続”強調の森重。当落線上の二人が語る、代表レギュラー奪取への決意

3月5日に開催される日本対ニュージーランド戦(国立競技場)のメンバー23人が発表された。海外組11人に対して国内組は12人。その国内組のうち二人に、FC東京の森重真人と権田修一が含まれていた。今回の選出をどう受け止めているのか。所属の東京での午後練習を終えた二人が、それぞれ囲み取材に応えた。

伊野波雅彦と森重真人が語るザックジャパンの守備戦術とメンタルの重要性

伊野波雅彦と森重真人が語るザックジャパンの守備戦術とメンタルの重要性

1月18日のテレビ東京「FOOT×BRAIN」ではセンターバック論と題し、J2ジュビロ磐田のDF伊野波雅彦とJ1FC東京のDF森重真人が出演した。

森重が日本代表の知られざるエピソードを暴露。バスで後ろに座るのは…

森重が日本代表の知られざるエピソードを暴露。バスで後ろに座るのは…

TBSで10月26日放送された『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』では、「サッカー日本代表ぶっちゃけSP」として、FC東京に所属する日本代表・森重真人と元日本代表の武田修宏が出演。日本代表の様々なエピソードを紹介した。

セルビア戦で試すことが濃厚。ザックジャパンが[3-4-3]に挑戦する意義とは何か?

セルビア戦で試すことが濃厚。ザックジャパンが[3-4-3]に挑戦する意義とは何か?

ザックジャパンの一つのテーマである[3-4-3]。未だチームとして機能した姿を見せることは出来ていないが、今日のセルビア戦でも試行することが濃厚だ。何度試しても上手くいかないフォーメーションに挑戦する意義とはどこにあるのか?

新着記事

↑top