武藤嘉紀

20140907_aguirre_getty

真の“カメレオン”への第一歩だったウルグアイ戦。特定の戦術にこだわらないアギーレ監督の狙い

初陣となったウルグアイ戦で敗れた日本代表。アギーレ新監督は試合の中で様々なことを試した。その理由は前体制時代にはなかった“柔軟性”を身に付けるためだ。どんな相手にも対応できる、カメレオンとなるための第一歩とも言える。

20140906_aguirre2_getty

見どころなく、極めて低調だった新生日本代表。チームを“破壊”したアギーレ、驚きのスタメンに隠された意図とは?

アギーレジャパンにとって初陣となったウルグアイ戦。日本は0-2と敗れた。低いパフォーマンスで終わってしまった理由は何なのか? また驚きのスタメンとも言えたが、それに隠された新監督の意図とは?

20140906_daihyo_getty

外国人記者が見たアギーレの初陣。「ゴールのにおいが全くないし運もない!」「このレベルでDFのミスは絶対にダメ」

ウルグアイ代表に0-2と敗戦した日本代表。現地で取材したチェーザレ・ポレンギ氏とショーン・キャロル氏に話を聞いた。

20140625_daihyo2_getty

日本対ウルグアイ。新スタイルの意図は見えたが、攻守で課題。チームレベルとしてもゼロからのスタート【どこよりも早い採点】

9月5日、日本対ウルグアイの一戦が行われ、0対2で敗れた。アギーレジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

20140905_honda2_getty

アギーレジャパン、初陣はウルグアイに0-2の敗戦

ハビエル・アギーレ新監督が率いる日本代表は5日、札幌ドームでウルグアイと国際親善試合に臨んだ。アギーレ監督体制での初陣となったが、日本は0-2でウルグアイに敗れた。

アギーレジャパンの攻撃を読む。FW6人が語る新体制での決意と指揮官が攻撃陣に求めること

アギーレジャパンの攻撃を読む。FW6人が語る新体制での決意と指揮官が攻撃陣に求めること

明日に迫ったアギーレジャパンの初陣。さまざまな点が注目ポイントにあるが、前線の組み合わせがどうなるのかもその1つだ。ゼロからのスタートとなる新体制において、各選手に何が求められているのか。

アギーレ流4-3-3は変則システムか。代表23人から読み解く新監督の意図と目指すスタイル

アギーレ流4-3-3は変則システムか。代表23人から読み解く新監督の意図と目指すスタイル

昨日発表された日本代表23人。フレッシュのメンバー選考となったが、この23人から見えてくるものとは何か? 選手の特徴、そして監督の考えから、アギーレジャパンのスタイルを読み解く。

注目の初陣へメンバー発表控えるアギーレ監督。23人はどんな顔ぶれに? 柴崎、昌子、塩谷、米本の招集に期待

注目の初陣へメンバー発表控えるアギーレ監督。23人はどんな顔ぶれに? 柴崎、昌子、塩谷、米本の招集に期待

28日に初となるメンバー発表を控える日本代表のハビエル・アギーレ監督。田中順也の招集をスポルティングが発表するなど、既に様々な情報が飛び交っているが、どのような人選になるのだろうか?

FC東京の番記者が『河野広貴』をアギーレ・ジャパンに推す本当の理由

FC東京の番記者が『河野広貴』をアギーレ・ジャパンに推す本当の理由

日本代表の新監督にメキシコ代表の元指揮官で、スペインでの指導経験が豊富なハビエル・アギーレ氏が就任した。次なる4年間を託された新指揮官の下で日本代表のメンバーは刷新されていくことも予想される。あらためて今、Jリーグを取材する記者たちから「俺は、アギーレに、この男を、推したいっ!」と題して、この指揮官に推したい新顔を選んでもらった。今回は青赤の首都クラブを取材し続ける後藤勝が、個の打開力を備えた「純粋なトップ下」を推薦する。

20140803_masimo1_mtk

4-0で完勝のFC東京は安定感が際立つ。新生清水は巻き返しなるか

マッシモ・フィッカデンティ監督の戦術が浸透し、リーグ再開後2勝1分と好調なFC東京。一方の清水エスパルスは、大榎克己監督体制の初戦を迎えた。結果は4-0と、チーム力で上回るホームチームが大量得点を奪って快勝した。

大学在籍中にFC東京とプロ契約。慶應ボーイ・武藤嘉紀は実は天然?

大学在籍中にFC東京とプロ契約。慶應ボーイ・武藤嘉紀は実は天然?

忘れた頃にやって来る。それが高学歴のJリーガーを紹介するインテリ・Jリーガーのコーナーだ。第4弾となる今回は、FC東京に加入したルーキー・武藤嘉紀(むとう・よしのり)を紹介しよう。

新着記事

↑top