武藤嘉紀

20141012_muto_getty

1対1の勝負に苦しんだ武藤。未来の代表エースに与えられた重要な課題。ジャマイカ戦は有意義な一戦に

ジャマイカを相手に1-0で勝利を収めたものの、消化不良だった日本代表。この試合で代表初先発となった武藤嘉紀は、相手サイドバックとのマッチアップに苦戦。今後に向けて重要な改題を与えられた。

ポゼッション51.6%から分かるスタイルの変化。アギーレが今後も重用する“合格点”の7人とは?

ポゼッション51.6%から分かるスタイルの変化。アギーレが今後も重用する“合格点”の7人とは?

1-0で勝利したジャマイカ戦。相手を圧倒するものの、ポゼッション率は高くなかった。それが意味するものとは何か? そして、この試合から見えた7人の合格点の選手、ブラジル戦でのテスト内容とは?

20141010_okazaki_getty

アギーレジャパン、3戦目で初勝利。ジャマイカを1-0で下す

ハビエル・アギーレ監督率いる日本代表は10日、キリンチャレンジカップでジャマイカと対戦した。

20141010_daihyo_kudo

日本対ジャマイカ。アギーレイズム浸透も弱すぎるジャマイカにわずか1得点【どこよりも早い採点】

10月10日、日本対ジャマイカの一戦が行われ、1対0で勝利した。アギーレジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表はベネズエラ代表と親善試合を行い、0-0で前半を折り返した。

日本、オウンゴールで先制! 前半のMVPは酒井高徳「攻守に素敵!!」

日本代表はジャマイカ代表と親善試合を行い、1-0で前半を折り返した。

20141004_ooki_kaieda

2015年の君たちは――。~東京ヴェルディユース、花の92年組を追って~:第10回 武藤嘉紀のルームメイト

眩い光を放った東京ヴェルディユースの92年組。プロに進んだ者もいれば、大学に進んだ者もいる。彼らの足跡を追う。

20140910_muto_getty

“選手≠タレント”。大ブレークの武藤、過剰な注目は避けるべき。才能を育むのは周囲のサポート

FC東京のFW武藤嘉紀が大きな注目を集めている。Jリーグではルーキーイヤーながら25節終了時点で9得点を挙げ、ハビエル・アギーレ監督によって代表デビューも果たして初得点も決めた。しかし、選手をタレントのように扱う日本の風潮は、選手の成長にとって時に足かせとなる。

20140924_kawano_getty

FC東京の注目選手は武藤だけではない!卓越した技術と献身性を併せ持つ河野広貴、3得点に絡みチームに5試合ぶり勝利もたらす

4試合勝利のないFC東京。勝点3が欲しい試合で力を発揮したのが河野広貴だ。スピードとテクニックがあり、今シーズンは守備での貢献も目を見張る。FC東京の攻撃を引っ張っているのはこの男だ。

多摩川クラシコの見所はイケメン谷口vsインテリ武藤の新人Jリーガー対決!

多摩川クラシコの見所はイケメン谷口vsインテリ武藤の新人Jリーガー対決!

20日に開催されるJ1第24節。そのカードのなかで川崎フロンターレ対FC東京の多摩川クラシコの見所を、「イケメン&インテリの新人Jリーガー対決」として、川崎フロンターレの谷口彰悟とFC東京の武藤嘉紀にフォーカスして注目してみよう。

アギーレ監督「走れない選手はいらない」。自らの目で23人選出。「相手より攻撃仕掛ける」

アギーレ初陣2連戦の合格者は誰だ! 日本人離れした積極性示した武藤。新体制の象徴となるか

1分け1敗で2連戦を終えたハビエル・アギーレ監督。ブラジルW杯メンバーからは11人が変更となったが、この初陣で招集された選手の評価はどのようなものだったのだろうか?

外国人記者が見たベネズエラ戦。ミスからの2失点を酷評も、武藤&柴崎の代表初得点を絶賛。「スコールズみたい!」

外国人記者が見たベネズエラ戦。ミスからの2失点を酷評も、武藤&柴崎の代表初得点を絶賛。「スコールズみたい!」

日本代表は、武藤嘉紀と柴崎岳が代表初得点を決めたものの2-2で引き分け。この試合について、チェーザレ・ポレンギ氏とショーン・キャロル氏に話を聞いた。

“慶應ボーイ”。先行したイメージを払拭、武藤嘉紀のパフォーマンス。流れを変えた高い意識

“慶應ボーイ”。先行したイメージを払拭、武藤嘉紀のパフォーマンス。流れを変えた高い意識

初の日本代表で結果を残した武藤嘉紀。当初は“慶応ボーイ”といった肩書きが注目されたが、その先行したイメージを払拭。2試合を通して高い意識を持って流れを変えるプレーを見せた。

新着記事

↑top