死の組

きっかけは日本戦。上位進出を目指すオランダ、W杯では“カウンター”スタイルへ変更の可能性も

きっかけは日本戦。上位進出を目指すオランダ、W杯では“カウンター”スタイルへ変更の可能性も

ファン・ハール監督の下、選手を固定せずチーム力を高めてきたオランダ。予選では圧倒的な攻撃力は発揮したが、W杯本大会ではスタイルを変更する可能性もある。上位を目指すためにはスペインを抑えての首位突破が必要だからだ。

FIFAランク1位のスペイン、連覇に黄色信号か。“無敵艦隊”が抱える5つの不安要素

FIFAランク1位のスペイン、連覇に黄色信号か。“無敵艦隊”が抱える5つの不安要素

W杯連覇を目指すスペイン。だが、現状のチームには不安の種が山積している。分析していくと全ポジションに懸念材料が見つかった。最新のFIFAランキングでも1位になっている無敵艦隊だが、問題点を克服しなければ優勝は難しいだろう。

W杯“死の組”をイングランドはどう受け止めたのか? 悲観と強気が交錯するなか見えたベスト8への希望

W杯“死の組”をイングランドはどう受け止めたのか? 悲観と強気が交錯するなか見えたベスト8への希望

ブラジルW杯で“死の組”に入ったイングランド。メディアは悲観的な見方だが、代表選手、国内の識者は強気の姿勢だ。中にはベスト8への「道が拓けた」とする意見もある。その理由とは?

前回大会の雪辱に燃えるイタリア。攻撃的なアズーリは“死の組”で通用するか?

前回大会の雪辱に燃えるイタリア。攻撃的なアズーリは“死の組”で通用するか?

前回大会の雪辱に燃えるイタリア。がしかし、クジ運悪く“死の組”を引いてしまった。果たしてアズーリは勝ち上がることが出来るだろうか。プランデッリが作り上げた普段とは違うポゼッション志向のチームを分析する。

ルーニー依存、不安定な守備陣…。大いなる不安を抱えたまま“死の組”に挑むイングランド代表

ルーニー依存、不安定な守備陣…。大いなる不安を抱えたまま“死の組”に挑むイングランド代表

ウルグアイ、イタリアと同じく“死の組”グループDに入ったイングランド。W杯予選は1位通過したものの、不安要素は多い。ホジソン監督は「攻撃的なスタイルをお目にかけたい」と語っているが…

「死の組」生まれやすいブラジルW杯。日本がスペイン、イタリアと同居する可能性も

「死の組」生まれやすいブラジルW杯。日本がスペイン、イタリアと同居する可能性も

2014年のワールドカップブラジル大会。その組み合わせを決める抽選会が12月6日(日本時間7日午前1時)にブラジルで行われる。

新着記事

↑top