皇后杯

『全部私がカバーするから』。20歳を”隣”で支えた澤の言葉。新境地開拓で自信を掴んだ伊藤美紀、愛情に育まれた充実の1年

『全部私がカバーするから』。20歳を”隣”で支えた澤の言葉。新境地開拓で自信を掴んだ伊藤美紀、愛情に育まれた充実の1年

澤穂希、日本女子サッカーを四半世紀にわたってけん引してきた選手がスパイクを脱ぐ決断をした。偉大なレジェンド最後の相方は20歳の伊藤美紀。これまで攻撃的なポジションを任されていた若手MFはコンバートを経験して急成長を遂げた。そしてその裏には澤の何気なくも力強い言葉による大きな支えがあった。

20150103_momiki_getty

皇后杯制覇に大きく貢献。進化を続けるアタッカー・籾木結花

皇后杯決勝が1日に行われ、日テレ・ベレーザが浦和レッズレディースを1-0で下し、2009年度大会以来11回目の優勝を果たした。

岡山湯郷、急増GK奮闘も皇后杯敗退。背番号は手書き、その理由とは

岡山湯郷、急造GK奮闘も皇后杯敗退。背番号は手書き、その理由とは

ベガルタ仙台レディース対岡山湯郷Belleの試合で本来DFの選手がGKとして先発出場した。珍しい事態だが、日本女子サッカー界でフィールドプレーヤーがGKを務めるのはこれが初めてというわけではない。今回のケースの背景を三つの理由から探る。

新着記事

FChan TV

↑top