西野朗

永井謙佑は日本代表の“飛び道具”になる――。突然のコンバートが見えた、J最強スピードスターの新たな可能性

永井謙佑は日本代表の“飛び道具”になる――。突然のコンバートで見えた、J最強スピードスターの新たな可能性

ハリルホジッチ監督の初陣となった試合で久々に代表復帰した永井謙佑。代表戦後、彼には大きな変化が訪れていた。ウイングバックへのポジションチェンジだ。このコンバートは永井に何をもたらしたのか?

J2降格から三冠達成、花開いた「長谷川改革」。“西野流”とは異なるガンバが手にした強さ

J2降格から三冠達成、花開いた「長谷川改革」。“西野流”とは異なるガンバが手にした強さ

J2からの昇格1年目で三冠を達成した大阪の雄、ガンバ大阪。指揮官である長谷川健太監督は、いかにしてこのチームを作り上げてきたのか。「長谷川改革」に迫る。

現在絶好調のG大阪、勢いそのままに6連勝目指す。まだ5勝の名古屋はリーグ戦8試合ぶりの勝利目指す

現在絶好調のG大阪、勢いそのままに6連勝目指す。まだ5勝の名古屋はリーグ戦8試合ぶりの勝利目指す

降格圏内に沈んでいたガンバ大阪が連勝を重ね、じわじわ順位を上げてきた。今節は2006年4月以来の6連勝を狙う。かつてガンバを率いた西野朗氏が監督を務める名古屋グランパスは、16位まで順位を下げた。是が非でも欲しい勝点3獲得のためにどのような戦いを見せるのか。

英国人記者が見た“名古屋の変化”。西野新監督はピクシー時代と何を変えたのか?

英国人記者が見た“名古屋の変化”。西野新監督はピクシー時代と何を変えたのか?

今季、西野朗監督を迎えた名古屋グランパス。監督が変わり、何人か選手が入れ替わった。名古屋に訪れた変化とは? まだ骨格の定まっていないチームを英国人記者が追った。

20140309_nishino

J1第2節はまたもアウェイチームが健闘。名古屋は西野新監督による変化の兆しも

第2節が終了したJ1。開幕節と同様、ホームチームが苦戦する結果となった。勝利したのは広島と鹿島だけ。また、開幕から連敗したのは仙台、大宮、徳島の3チーム。早くも明暗が分かれている。

西野朗が監督視点で語る2ステージ制

西野朗が監督視点で語る2ステージ制

最新号の『サッカー批評issue65』(双葉社)では「2ステージ+ポストシーズン制」について西野朗氏にインタビューを行っている。柏レイソル監督時代に年間最多勝ち点をあげながらチャンピオンシップに出場できず、またガンバ大阪監督時代に1ステージ制での優勝も経験している西野氏は、2ステージ制の導入でどういったことが起こると見ているのか。一部を抜粋して紹介する。

「若きイレブンの死闘 アトランタ五輪予選最終予選」

“マイアミの奇跡”よりも熱かった! “ドーハの悲劇”の教訓が活かされたアトランタ五輪予選・サウジアラビア代表戦

10月5日、NHKで放送された「ヒーローたちの名勝負」では、28年ぶりのオリンピック出場を決めた若き日本代表の激闘を特集。1996年のアトランタ五輪出場を決めたアジア最終予選、サウジアラビア代表戦での「知られざる真実」を明かしたものとなった。

新着記事

↑top