遠藤保仁

遠藤が回想するザックジャパン、アルゼンチン・韓国戦。発言から見えるベルギー遠征との共通点

遠藤が回想するザックジャパン、アルゼンチン・韓国戦。発言から見えるベルギー遠征との共通点

ザックジャパンを支え続けた男、遠藤保仁。彼はチームのスタートをどう回想するのか。遠藤の発言からは興味深い事実が浮かび上がる。アルゼンチン、韓国との連戦とオランダ、ベルギーとの連戦の共通点だ。

絶対的司令塔・遠藤保仁のルーツに迫る! 二人の兄の背中を追いかけながらサッカーに明け暮れた少年時代

絶対的司令塔・遠藤保仁のルーツに迫る! 二人の兄の背中を追いかけながらサッカーに明け暮れた少年時代

最新号の『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.31』(小社)では、サッカーとの出会い、そして少年時代のお話などについて、ガンバ大阪の遠藤保仁選手にインタビューを行っている。二人の兄の背中を追いかけながら、遠藤選手はどんな少年時代を過ごしたのか、そのルーツに迫る。

気温差約25℃、総移動5500キロになることも。対戦国だけではないW杯の「死の組」

気温差約25℃、総移動5500キロになることも。対戦国だけではないW杯の「死の組」

本日深夜、W杯の抽選会が行われる。ザックジャパンにとってはグループステージでは出来るだけ強豪国は避けたいところだが、それ以外にも注意すべき点がある。それはブラジルの気候、そして広大な国土だ。灼熱の大地で強いられる長距離移動は選手たちのコンディションに大きく影響を与える。

20131124_endo

“ジョーカー”起用も代表の活性化を感じた遠藤「この2試合に関してはいい効果が生まれた」

11月の欧州遠征でまさかの2試合連続スタメン落ちの遠藤保仁。だが、後半からプレーした彼がチームに活力をもたらしたのは間違いなく、それは本人も認めるところだ。試合内容に手放しで満足しているわけではないが、手応えも感じている。

20131116_zak

強豪オランダ・ベルギーと戦う意味――。ザックが求め続けた“理想のバランス”とは何か?

ザックジャパンにとって今年最後の試合となるオランダ戦とベルギー戦。ワールドカップに向けて重要な試合であることに間違いはないが、チームとして何が求められるのか。ザッケローニ監督が常に口にしてきた「理想のバランス」がカギとなる。

遠藤保仁――ガンバ・スタイルの真髄

遠藤保仁――ガンバ・スタイルの真髄

ガンバを象徴する攻撃サッカーは、どのようにして生まれたのか。クラブに在籍して13シーズン目、主将・遠藤保仁に話を聞いた。

海外組が語る。日本サッカーの進化に海外移籍は必要なのか?(後編)

海外組が語る。日本サッカーの進化に海外移籍は必要なのか?(後編)

10月13日、フジテレビ(関東エリア)で放送された「COOL JAPAN FOOTBALL」。今回は日本人選手の海外移籍を徹底検証。

ベラルーシに敗戦。未だオプションにならない3-4-3、力不足の柿谷には追試が必要【どこよりも早い採点】

セルビア戦に続き、15日のベラルーシ戦にも敗れた日本代表。停滞感漂うザックジャパンの問題点とは何か。

20131013_endo

敗戦も自信を失わない遠藤「ある程度の相手にはゲームを支配できる自信がある。局面崩すには『遊び心』必要」

欠場と思われたセルビア戦に出場した遠藤保仁。敗戦を遠藤はどうとらえているのか。試合後の本人の口からは前向きな言葉が多く聞かれた。

まだまだ記録は伸びる? 遠藤保仁が打ち立てた金字塔

まだまだ記録は伸びる? 遠藤保仁が打ち立てた金字塔

 サッカーでは様々な記録がある。例えば、サッカー日本代表の歴代キャップ数(出場数)という記録。国際Aマッチの出場記録がカウントされるものだが、現在の歴代トップは遠藤保仁の136試合。現在33歳だが、ザックジャパンの中核を担うボランチだけに、まだまだこの数字を伸ばしそうな勢いだ。

新着記事

↑top