鈴木武蔵

「キレイなサッカーだけじゃ勝てない」。韓国戦で力の差を痛感した鈴木武蔵。「アグレッシブに戦う意識を持たないと」

「キレイなサッカーだけじゃ勝てない」。韓国戦で力の差を痛感した鈴木武蔵。「アグレッシブに戦う意識を持たないと」

アジア大会準々決勝で開催国・韓国に敗れたU-21日本代表。この大会で通算5得点を挙げる活躍を見せた鈴木武蔵だが、韓国戦では力の差を痛感したという。

3試合4得点、U-21代表を牽引する鈴木武蔵。フィジカルだけでない、世界で通用するFWとしての資質

3試合4得点、U-21代表を牽引する鈴木武蔵。フィジカルだけでない、世界で通用するFWとしての資質

ネパールに快勝し、決勝トーナメント進出を決めた手倉森ジャパン。FWとしてチームを牽引するのが鈴木武蔵だ。ジャマイカ人の父を持つハーフである彼はフィジカル面に注目がいきがちだが、当然それだけではない。鈴木の持つストライカーとしての資質に迫る。

フットボールサミット第18回

フットボールサミット第18回

アイシテルニイガタ
アルビレックス新潟J1昇格11年目の未来

新着記事

↑top