長谷川健太

現在絶好調のG大阪、勢いそのままに6連勝目指す。まだ5勝の名古屋はリーグ戦8試合ぶりの勝利目指す

現在絶好調のG大阪、勢いそのままに6連勝目指す。まだ5勝の名古屋はリーグ戦8試合ぶりの勝利目指す

降格圏内に沈んでいたガンバ大阪が連勝を重ね、じわじわ順位を上げてきた。今節は2006年4月以来の6連勝を狙う。かつてガンバを率いた西野朗氏が監督を務める名古屋グランパスは、16位まで順位を下げた。是が非でも欲しい勝点3獲得のためにどのような戦いを見せるのか。

20140116_usami1_kd

攻撃陣好調もかつてとは違うスタイル。一時は降格圏のガンバ、宇佐美の復帰だけでないV字回復の理由

J1に返り咲いた今シーズン、序盤戦苦しんだガンバ大阪が復調の兆しを見せ始めている。宇佐美貴史の復帰は大きな要素だが、それだけではない。果たしてV字回復の要因はどこにあるのか?

20140505_endo

自慢のパスサッカーも影潜め、ついに降格圏まで転落。J1復帰のガンバ、なぜ勝てないのか?

J1に復帰したガンバ大阪だが、苦戦が続いている。前評判は高かったはずだが、攻守が噛み合わず、現在16位と降格圏に沈んでいる。しかも、以前との違いはパスサッカーで圧倒する姿すらないことだ。なぜ苦しんでいるのか? 番記者が分析する。

遠藤保仁の“切り札”起用の原点を探る。灼熱の中東で見せた攻撃センスの真骨頂と冷静な試合コントロール

遠藤保仁の“切り札”起用の原点を探る。灼熱の中東で見せた攻撃センスの真骨頂と冷静な試合コントロール

ガンバではFWのような位置で出場。ザックジャパンでも後半から投入されるなど、遠藤の攻撃力を活かした“切り札”としての起用が増えている。ガンバでは西野体制時代にも見られたが代表ではこのような使われ方は初。原点はどこにあるのか?

守備を整備しながらも破壊的な攻撃力で他を圧倒。ガンバを一年で昇格させた長谷川監督の手腕

守備を整備しながらも破壊的な攻撃力で他を圧倒。ガンバを一年で昇格させた長谷川監督の手腕

J2に降格し、序盤は苦戦していたガンバ大阪だが、徐々に本来の力を発揮し、一年での昇格を決めた。代表選手を抱えるなどタレント軍団ではあるが、個の力だけで勝ち切ったわけではない。チームを活性化させた長谷川監督の手腕とは?

ガンバ再建のビジョン――長谷川健太が語るチーム改革論

ガンバ再建のビジョン――長谷川健太が語るチーム改革論

2012年、J2に降格したガンバ大阪の再建を託された長谷川健太監督。指揮官が掲げる改革のビジョンとは、どのようなものか? 監督としての哲学とともに、これまでと合わせて話を聞いた。

新着記事

↑top