霜田正浩

レノファ山口

【英国人の視点】J2の地殻変動を象徴する山口の躍進。J3降格の危機脱し、スタイル再生でJ1昇格候補に

今季のJ2は例年以上の激戦となっている。J1から降格してきた3クラブが軒並み苦しい戦いを強いられ、上位に名を連ねるのはJ1経験のないクラブばかり。その中でも変革を象徴するのがレノファ山口である。驚異のスピードでJ2にたどり着いた地方の小クラブは昨季、降格の危機に陥った。そこからチームを立て直し、いまやJ1昇格候補と言われるまでに復活を遂げた理由とはいかなるものだろうか。(文:ショーン・キャロル)

霜田正浩

本当だった霜田氏招聘案。タイ代表新監督をめぐる混乱と日本人指導者擁立の理由

4月26日、タイサッカー協会はタイ代表の新しい監督として、セルビア人のミロヴァン・ライェヴァツ氏の就任を発表した。途中、幾人もの日本人候補者の名前も挙がった中、タイはガーナ代表監督として南アフリカワールドカップでベスト8に進出するなど、経験豊富な指揮官に代表を託した。前監督の突然の辞任劇の裏で何が起き、新監督選出に至るまでどんな経緯をたどったのか追った。(文:長沢正博【バンコク】)

ヴァイッド・ハリルホジッチ

国内組サバイバル、生き残るのは? 小林、武藤、浅野…合宿3日間を占う【代表現地レポート】

日本代表候補合宿が終了。今回の合宿では攻守両面でヴァイッド・ハリルホジッチ監督がチームに求める戦術を選手たちに詰め込んだ。この中から1週間後に行われるW杯アジア2次予選2連戦に選出される選手を占う。

ダシに使われたオシム氏。元通訳が見た、代表後任監督をめぐるボスニアと日本メディアによる空砲の撃ち合いと虚報

ダシに使われたオシム氏。元通訳が見た、代表後任監督をめぐるボスニアと日本メディアによる空砲の撃ち合いと虚報

日本代表監督の後任人事がいよいよもって決着しようとしている。まだ確証ではないがハリルホジッチ氏は有力候補だという。アギーレ監督が契約解除となってから、様々な報道が飛び交ったが、その状況にハリルホジッチと親交があるオシム氏の元通訳は憤る。

「プロセスや内容重視」もベテラン主体。ズレが生じた強化策と現場。求められる将来への若返り

「プロセスや内容重視」もベテラン主体。ズレが生じた強化策と現場。求められる将来への若返り

アジア杯連覇を目指した日本代表は、準々決勝で敗退。ハビエル・アギーレ監督は大会前に「勝ちに行く」と宣言していたものの、結果を受けて霜田正浩技術委員長は「内容重視」だったとトーンダウン。3年後のW杯へ明確なビジョンの下、若返りが求められる。

新着記事

FChan TV

↑top