韓国代表

李榮杓(イ・ヨンピョ)―韓国が生んだスターの歩みと韓国サッカーの未来

元韓国代表・李榮杓(イ・ヨンピョ)が語るKリーグ復活の鍵とアジア杯「準決勝までは問題なく進める 」

李榮杓―韓国代表をW杯4位に導き、PSV、トッテナム、ドルトムントなど数々のビッグクラブでプレーしてきた韓国の英雄もまた、少年時代はどこにでもいる普通のサッカー少年だった。そんな彼は今、韓国サッカー界の未来を変える存在となり得るかもしれない。

引退した朴智星、古巣PSV訪問で英雄的歓迎。今後は欧州とアジアの架け橋に

引退した朴智星、古巣PSV訪問で英雄的歓迎。今後は欧州とアジアの架け橋に

かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍し、今年5月に現役を引退した元韓国代表MF朴智星氏が17日、2003年1月から2シーズン半にわたり在籍し、昨シーズンもプレミアリーグのQPRから1年間の期限付きでプレーしたエールディビジの強豪PSVを訪問し、英雄的歓迎を受けた。18日の英紙『メール』などが報じた。

「“21歳以下”の日本にてんてこ舞い」。韓国、日韓戦勝利も地元メディアは厳しい評価「もどかしい試合内容」

「“21歳以下”の日本にてんてこ舞い」。韓国、日韓戦勝利も地元メディアは厳しい評価「もどかしい試合内容」

アジア大会準々決勝の日韓戦。試合を制した開催国・韓国だが、地元メディアは厳しい評価を下している。オーバーエイジの選手を起用した韓国は、21歳以下で構成された日本の守備力に苦戦を強いられた。

「しぶとく泥臭く守る覚悟」を植えつけるも、直面した宿敵・韓国の壁。五輪予選へ問われる手倉森監督の手腕

「しぶとく泥臭く守る覚悟」を植えつけるも、直面した宿敵・韓国の壁。五輪予選へ問われる手倉森監督の手腕

宿敵・韓国に0-1で敗れたU-21日本代表。守備面では一定の評価を与えたものの、攻撃面では課題が浮き彫りとなった。五輪予選を通過するためにもノルマだった4強進出を果たせず、チーム改革が必要なことは明白だ。

韓国との力の差は歴然だった手倉森ジャパン。中盤の厚み、攻守の切り替えで後手。実戦経験の必要性を痛感

韓国との力の差は歴然だった手倉森ジャパン。中盤の厚み、攻守の切り替えで後手。実戦経験の必要性を痛感

アジア大会準々決勝で開催国・韓国に敗れたU-21日本代表。スコアは0-1ながら判断力や決断力、戦術の効率性で下回り、内容では完敗。選手たちは五輪予選までに実戦経験を増やすことが出来るのだろうか?

「キレイなサッカーだけじゃ勝てない」。韓国戦で力の差を痛感した鈴木武蔵。「アグレッシブに戦う意識を持たないと」

「キレイなサッカーだけじゃ勝てない」。韓国戦で力の差を痛感した鈴木武蔵。「アグレッシブに戦う意識を持たないと」

アジア大会準々決勝で開催国・韓国に敗れたU-21日本代表。この大会で通算5得点を挙げる活躍を見せた鈴木武蔵だが、韓国戦では力の差を痛感したという。

20140928_pak_getty

「ありがたい」「ラッキー」「生贄に過ぎない」。日韓戦を前に韓国メディアは圧倒的有利の論調。選手には大きな重圧も

韓国・仁川アジア大会に臨んでいるU-21日本代表は、準々決勝で韓国と対戦する。この“宿敵”との対戦を開催国・韓国のメディアも大きく取り上げているが、“韓国有利”の論調が目立つ。

U-21、韓国戦を前に4-3-3での戦い方が洗練。SBとウイングの守備がアンカー・遠藤を生かす

U-21日韓戦プレビュー。攻守にカギを握る岩波&植田のCBコンビ。絶対的アウェーで勝利を掴め!

韓国・仁川で行われているアジア大会。U-21日本代表は準々決勝で開催国の韓国と戦う。韓国は兵役免除がかかっていることもあってオーバーエージを3人起用するなどこの大会に人生をかけて臨んでいる。しかし、日本にとっても五輪予選に向けて負けるわけにはいかない大一番だ。

“間接日韓戦”で大盛況だった韓国。メディアは「完勝」と大きく報道、自国を称賛し日本へは厳しい指摘

“間接日韓戦”で大盛況だった韓国。メディアは「完勝」と大きく報道、自国を称賛し日本へは厳しい指摘

奇しくも日本と同じウルグアイ、ベネズエラと対戦した韓国代表。現地では“間接日韓戦”と日本には見られない盛り上がりを見せた。実際に対戦していないのに「完勝」と報じ、日本・韓国、双方の試合を詳細に分析していた。

新着記事

↑top