韓国代表

元韓国代表・李榮杓(イ・ヨンピョ)が語るKリーグ復活の鍵とアジア杯「準決勝までは問題なく進める 」

李榮杓―韓国代表をW杯4位に導き、PSV、トッテナム、ドルトムントなど数々のビッグクラブでプレーしてきた韓国の英雄もまた、少年時代はどこにでもいる普通のサッカー少年だった。そんな彼は今、韓国サッカー界の未来を変える存在となり得るかもしれない。

引退した朴智星、古巣PSV訪問で英雄的歓迎。今後は欧州とアジアの架け橋に

かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍し、今年5月に現役を引退した元韓国代表MF朴智星氏が17日、2003年1月から2シーズン半にわたり在籍し、昨シーズンもプレミアリーグのQPRから1年間の期限付きでプレーしたエールディビジの強豪PSVを訪問し、英雄的歓迎を受けた。18日の英紙『メール』などが報じた。

「“21歳以下”の日本にてんてこ舞い」。韓国、日韓戦勝利も地元メディアは厳しい評価「もどかしい試合内容」

アジア大会準々決勝の日韓戦。試合を制した開催国・韓国だが、地元メディアは厳しい評価を下している。オーバーエイジの選手を起用した韓国は、21歳以下で構成された日本の守備力に苦戦を強いられた。

「しぶとく泥臭く守る覚悟」を植えつけるも、直面した宿敵・韓国の壁。五輪予選へ問われる手倉森監督の手腕

宿敵・韓国に0-1で敗れたU-21日本代表。守備面では一定の評価を与えたものの、攻撃面では課題が浮き彫りとなった。五輪予選を通過するためにもノルマだった4強進出を果たせず、チーム改革が必要なことは明白だ。

新着記事

↑top