韓国

久々復帰のパク・チュヨンが好調アピールも守備では大きな課題。W杯へ向け韓国代表の模索は続く

久々復帰のパク・チュヨンが好調アピールも守備では大きな課題。W杯へ向け韓国代表の模索は続く

先日、ギリシャに快勝した韓国代表。FWには13ヶ月ぶりに復帰したパク・チュヨンが入り、先制点をマークするなど結果を残した。守備に不安を抱えながらも、ある程度チームの形が見えたことで、勢いはついた。

韓国に完敗、緊張感ゼロのギリシャ。最も多かったのはなんと日本のメディア

韓国に完敗、緊張感ゼロのギリシャ。最も多かったのはなんと日本のメディア

先週、韓国とホームで対戦したギリシャ。0-2とホームで完敗したが、緊張感はあまりなかった。スタジアムはガラガラ、記者陣も少なく、日本のメディアが最も大所帯だったほどだ。

韓国人記者が分析するギリシャの弱点「守備陣は遅い、スピードはカギになる。日本なら勝てる」

韓国人記者が分析するギリシャの弱点「守備陣は遅い、スピードはカギになる。日本なら勝てる」

日本がW杯で対戦するギリシャ。この国と韓国が親善試合で5日、対戦した。結果は敵地に乗り込んだ韓国が2-0の勝利。どこに勝機があり、そしてギリシャの弱点はどこにあるのか? 韓国人記者が分析する。

FIFAランク61位まで下落、不調の韓国代表だが――。なぜ現地で悲観論が出ないのか?

FIFAランク61位まで下落、不調の韓国代表だが――。なぜ現地で悲観論が出ないのか?

韓国代表が不調に陥っている。先の親善試合でも1勝2敗。FIFAランクも61位にまで下降した。それでも現地であまり悲観論は出ていない。その理由はどこにあるのか?

ホン監督が熱望する復帰。韓国人記者に聞く、パク・チソンが代表に必要な理由とその可能性

ホン監督が熱望する復帰。韓国人記者に聞く、パク・チソンが代表に必要な理由とその可能性

長く韓国代表の中心だったパク・チソン。かつてはマンチェスター・ユナイテッドで活躍し、ネームバリューのある選手だったが、現在は代表を引退している。ところが、ここにきて代表復帰の噂が出ている。ホン・ミョンボ監督が復帰を望んでいるというのだ。果たしてその可能性はあるのか?

CSKAでは既に“浮いている”存在。王者バイエルンに本田圭佑が示した確かな存在感

2013年のよく読まれた記事で振り返る日本サッカー界。もっとも話題となったのは?

2013年、サッカー界でもっとも話題になったことはなにか。フットボールチャンネルでよく読まれた記事をもとに振り返ってみたい。

81%の国民がW杯ベスト16を予想するが――。FIFAランクはブービー、攻守に課題。韓国代表の不安な現状

81%の国民がW杯ベスト16を予想するが――。FIFAランクはブービー、攻守に課題。韓国代表の不安な現状

ブラジルW杯でベルギー、ロシア、アルジェリアと同居した韓国。一時期はどん底まで落ち込んだチーム状態だが、ホン・ミョンボ監督就任以後は徐々に改善。国民アンケートでも81%が決勝トーナメント進出を予想している。だが、筆者は突破が容易でないと予想する。その理由とは?

20131209_hon_rokukawa

W杯組み分けに警戒するホン監督「悪くないが、有利なことはない」。韓国メディアは日本を評価「突破の可能性高い」

ブラジルW杯の組み分けを韓国はどう捉えているのか。メディアは「期待できる」とする意見が多かったが、ホン・ミョンボ監督はいたって冷静だ。そして日本については高い評価している意見が多かった。

「旭日旗だ! 着用を中止させろ!」。サッカー日本代表の新ユニフォームに韓国が過剰反応

「旭日旗だ! 着用を中止させろ!」。サッカー日本代表の新ユニフォームに韓国が過剰反応

2014年ブラジルW杯で日本代表が着用する新ユニフォームが11日、千葉県成田市のホテルでお披露目された。

ACLも制した名門・城南一和がまさかの消滅か? クラブの資金源・統一教会が持っていた大きすぎる影響力

Kリーグに衝撃が走った。ACLも制した名門・城南一和が解散するという。統一教会から大きな支えを受けていたクラブに何が起こったのか?

韓国サッカーはいかにして躍進したか。ホン・ミョンボ式リーダーシップ

韓国サッカーはいかにして躍進したか。ホン・ミョンボ式リーダーシップ【サッカー批評 issue58】

『韓国と日本の良さを融合させて導き出したニュースタイル』
ロンドン五輪で、日本を圧倒した韓国。試合後の騒動により、かき消されてしまっているが、韓国の躍進にはホン・ミョンボ監督の手腕がある。絶大なるカリスマ監督は、いかにチームを導いていったのか。その秘訣に迫る。

新着記事

FChan TV

↑top