韓国

負傷者続出の豪州対韓国は“ラフ”だったのか? 選手らが語る“激しさ”が必要な理由

負傷者続出の豪州対韓国は“ラフ”だったのか? 選手らが語る“激しさ”が必要な理由

ともに決勝トーナメント進出を決めていた豪州対韓国の一戦は、試合前には消化試合になると予想されていた。しかし、イ・ジョンヒョプのゴールにより1-0で韓国が勝利した試合は、予想外の激しいプレーの連続で4万8000人の観客を魅了した。

20150118_socceroos_getty

サッカルーズに突きつけられた“現実”――。準々決勝、中国戦での奮起はなるか

サッカルーズは17日、同じくグループリーグ突破を決めている韓国と1位通過をかけて対戦した。結果は32分にイ・ジョンヒョプにゴールを許し、0-1で敗戦。キャプテン、ミレ・イエディナクの負傷離脱、ローテーション採用によりベストメンバーではなかったものの、今大会好調だったサッカルーズは初黒星を喫した。

新着記事

↑top