ACミラン

20200331_serieapromising_getty

セリエAの消えた逸材たち。天国から地獄へ…才能を開花させられなかった5人の選手

才能を高く評価されていても、真の意味でスターになれるのはほんのひと握り。若くして華々しいデビューを飾りながら、サッカー界の厳しい競争に晒された末に才能を開花させられないまま転落していった逸材たちは無数にいる。今回は21世紀に表舞台から儚く消えていったイタリア・セリエA出身の5人の“元逸材”たちを紹介する。

20200326_WORSE11eyecatch_getty

転落の“元逸材”ワーストイレブン。一瞬の輝きは今や昔。将来嘱望も…ブレイク逃した男たち

欧州4大リーグでブレイクしかけたものの、第一線から消えて久しい選手というのは数多くいる。いくら才能があっても、トップレベルの厳しい世界で生き残っていけるのは一握りだけだ。今回はかつてワールドクラスのポテンシャルを秘めると高く評価されていた元逸材たちの中から、転落ぶりが著しい11人の選手たちを紹介する。

20200309_milan_getty

ミラン、世界の頂点に立った黄金期イレブン。カカ、ピルロ、マルディーニ…魅力に溢れた美しき戦士たち

サッカー史上最も強く美しいクラブはどこか? そんな問いを受けた時、2006/07シーズン、カルロ・アンチェロッティ監督の下でチャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げたミランを挙げる人は多いのではないだろうか。MFカカをはじめ、各ポジションに実力者を揃えたロッソネロは強く、そして魅力に溢れるチームであった。今回、フットボールチャンネルでは当時の主力メンバーをピックアップ。世界の頂点に立ったメンバーを紹介していく。

アンテ・レビッチ

イブラヒモビッチ加入により蘇るレビッチ。クロアチアの重戦車は、なぜミランの救世主になれたのか?

セリエA第24節、ミラン対トリノが現地時間17日に行われ、1-0でホームチームが勝利した。この日のヒーローとなったのはアンテ・レビッチ。これでリーグ戦では直近5試合で5得点と大爆発中だ。イブラヒモビッチ加入により蘇ったレビッチ。その理由とは。(文:小澤祐作)

0214Ibrahimovic_Ronald_getty

イブラヒモビッチ対C・ロナウド。その軍配は? やはり別格の存在感、その一方で…【コッパ・イタリア】

コッパ・イタリア準決勝1stレグ、ミラン対ユベントスが現地時間13日に行われ、1-1のドローに終わっている。注目を集めたのは、やはりズラタン・イブラヒモビッチとクリスティアーノ・ロナウドの両エースだ。彼らのパフォーマンスはどうだったのか。(文:小澤祐作)

ミラン

ミラノダービー、神様イブラヒモビッチ降臨も…ミランはなぜ崩壊したのか? インテルが蘇った45分間

セリエA第23節、インテル対ミランが現地時間9日に行われ、4-2でインテルが勝利している。前半はイブラヒモビッチの1得点1アシストなどで2-0とリードしたミランだったが、後半に守備が崩壊。4失点を喫した。この逆転劇はどのようにして起こったのか。(文:小澤祐作)

20200203_milan2_getty

まさに悪夢。ミラン、イブラヒモビッチ不在の影響「大」。マルディーニJr.デビューも霞む数々の弱さ

セリエA第22節、ミラン対エラス・ヴェローナが2日に行われ、1-1のドローに終わった。ミランは負けこそしなかったが、勝ち点1を獲得するに留まった。やはり、FWズラタン・イブラヒモビッチの不在が大きかったと言えるのかもしれない。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top