AC長野パルセイロ

名前が難しい選手

難しすぎる名前のJリーガー5人。勝手に想像!その名に込められた意味とは?(3)【編集部フォーカス】

時代が進むにつれてどんどんとバリエーションが豊かになってきた人の名前。いわゆる“キラキラネーム”と呼ばれる名前だけでなく、常識を覆すような珍しい名前や、単純に読解が困難な漢字が用いられる場合も多数存在する。今回は珍しい名前をもつJリーガーを5人集め、漢字の読み方や意味から名前に込められた意味、思いを勝手に想像した。読み方の難易度を5段階に分けたので、クイズとしてもどうぞ!(※漢字の読み方は主に新漢語林を参照。大辞泉を参照した場合はその都度記載します)

181213_sengoku_getty

かつて欧州クラブも注目、柏ユース黄金世代の司令塔・仙石廉。酒井宏樹ら同期に伝えたいこと【トライアウト】

日本プロサッカー選手会(JPFA)主催のトライアウトが12日と13日に行われた。クラブから契約更新しないことを通知されたJPFA会員の選手が参加し、11対11のゲームなどでアピール。その中に仙石廉がいた。10代の頃にはヨーロッパのクラブからも注目された選手だ。(取材・文:青木務)

ジョニー・レオーニ

J3長野退団の元スイス代表守護神。家族を愛する男がJリーグ残留を熱望する理由

J3のAC長野パルセイロから1人の外国人選手が退団した。元スイス代表のジョニー・レオーニは、来日から9ヶ月経ち、来季以降もJリーグでのプレーを熱望している。数多くの国を渡り歩いてきたベテラン守護神がなぜ日本にこだわるのか。その思いに迫る。(取材・文:舩木渉)

20140710_j3_kudo

【J3→J2昇格争い】金沢・町田・長野、攻撃のキーマンは?

今年から新設された明治安田生命J3リーグもシーズン終盤に差し掛かり、クライマックスを迎えようとしている。現在の上位は
1位 ツエーゲン金沢(勝点56、得失点差+24)
2位 FC町田ゼルビア(勝点54、得失点差+31)
3位 AC長野パルセイロ(勝点52、得失点差+19)
となっており、勝点45で鳥取、39で盛岡と続いている。数値上は4位以降のチームにもまだ上位進出の可能性は残されているが、今回のコラムではこの上位3チームの得点のデータについて紹介しよう。

育成目線で観る『J2のススメ』。これを楽しむのにサポである必要なし

育成目線で観る『J2のススメ』。これを楽しむのにサポである必要なし

週替わりのテーマで日本サッカーを熱く語る『J論』。いよいよW杯開幕までのカウントダウンが始まった昨今、世間の耳目がそこに集まるのは当然のことだが、サッカーはW杯のみにあらず。J1は中断し、「夜はW杯を観るが、昼は観る試合がない」。そんな声も聞こえてくる中で、ここは一つ下部リーグに足を運んでみるのはどうだろうか。今回の『J論』では、そんな下部リーグ観戦をエンジョイしている書き手をそろえてみた。まずは博識の党首・大島和人氏が“育成目線”と“食いしん坊目線”で下部リーグを楽しむ秘訣を伝授する。

J3クラブに100万円の寄付が。寄贈者はバルセロナ所属のあの選手!

J3クラブに100万円の寄付が。寄贈者はバルセロナ所属のあの選手!

近年、全国の市役所や児童施設に「伊達直人」を名乗る人物からランドセルやおもちゃなどプレゼントが届けられているという二ュースに、ほっこりした人も多いはずだ。

『J3』開幕前夜。準加盟クラブ、AC長野パルセイロの戦い

クラブの生死を懸けた入れ替え戦。カマタマーレ讃岐が絶対にJ2昇格しなければならない理由

明日と12月8日に行われる「J2・JFL入れ替え戦」。J2のガイナーレ鳥取に挑むのはカマタマーレ讃岐だ。敗れても讃岐はJ3入りとなり、Jクラブとなることが出来るが、この戦いに勝利し、是が非でもJ2に昇格しなければならない理由がある。讃岐にとってはクラブの命運を決める生死を懸けた一戦なのだ。

新着記事

FChan TV

↑top