ブレーメン

残留確率は50%。奈落に落ちたドルトムント。香川は出場45分で最低の評価「当たり障りのなさで唖然」

ドルトムントは、リーグ前半最終戦となったブレーメン戦で敗戦。クラブ史上初の降格圏で冬季中断を迎えた。ビルト紙が掲載したデータによると、残留確率はわずか50%。今季チームに復帰した香川真司には手厳しい評価が下された。

最下位チームにも容易い相手…。ブレーメンが実践したドルトムントを沈める2つのプランとは

ブンデスリーガ第17節、ドルトムントは最下位のブレーメンと対戦するも1-2の敗戦。香川真司は後半開始から出場したものの不発。ブレーメンは、ドルトムントを相手に実践した2つのプランが機能した。

足掻いてもがいたドルトムントの前半最終戦、香川の起用は? 地元紙も予想分かれる

ウィンターブレイク前最後の試合でドルトムントはアウェイで最下位のブレーメンと対戦する。後半戦、残留争いに落ち込まないためにも勝利が絶対条件。ベンチが続いている香川真司の起用について、地元紙も予想が分かれた。

総額700億円超! 負傷者続出のブンデスリーガ。ロイスにラーム…“FC負傷”でリーグV確実?

ブンデスリーガが野戦病院と化している。マルコ・ロイスにフィリップ・ラーム、ユリアン・ドラクスラー…。各クラブの主力多数で総額は約743億8440万円にも昇る。その要因には「過密日程」と「トレーニングの負担」が挙げられている。

新着記事

↑top