DFBポカール

香川真司

香川真司の奮闘もむなしく…。エース欠くドルト、絶対王者バイエルンの「圧力」に屈す

ボルシア・ドルトムントは現地時間20日、DFBポカール(国内カップ戦)のラウンド16でバイエルン・ミュンヘンと対戦した。事実上の決勝戦と言ってもいい好カードだったが、エースストライカーを欠いたドルトムントは年内最後の試合で、力の差を見せつけられる形となった。香川真司も奮闘したが…。(取材・文:本田千尋【ミュンヘン】)

香川真司

香川真司、「基本」に立ち返り復活の時。ポジティブに絶対王者バイエルン戦へ

ボルシア・ドルトムントのチーム状態が上向いている。ペーター・シュテーガー新監督がやってきてから、前体制で冷遇された香川真司のプレーにも力が戻り始めた。年内最後に挑むのはアウェイでの絶対王者バイエルン・ミュンヘン戦。一発勝負のカップ戦で、ドルトムントと香川は来年につながる成果をつかみたいところだ。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

ドルトムントの香川真司

香川真司、叩き出した1G1Aの結果。3部相手に大勝のドルト、取り戻したアイデンティティ

24日、DFBポカール2回戦が行われ、ボルシア・ドルトムントはアウェイで3部1.FCマクデブルクと対戦。フル出場した香川真司は後半46分にダメ押しとなるゴールを決めるなど、1ゴール1アシストの活躍をみせ、チームは大勝を収めた。(文:本田千尋)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top