FCメス

20180807_fa10_getty

Jクラブも獲得可能? 現在フリーの名手10人。W杯出場の日本代表GKに、あのレジェンドも【編集部フォーカス】

 ヨーロッパの新シーズンがまもなく開幕する。移籍市場も終盤に差し掛かりつつあるが、まだまだ所属先の決まっていない選手たちはたくさんいる。Jリーグの夏の移籍市場も開いており、アンドレス・イニエスタやフェルナンド・トーレスらに続く大物を迎えられる可能性も残されているのだ。今回は現時点で無所属の選手たちの中から、Jリーグクラブにもオススメの10人を紹介する。

川島永嗣

川島永嗣、フランスで「リアルSGGK」を体現。35歳の成長止まらず、降格でも充実の1年に

フランス1部のメスに所属する日本代表GK川島永嗣は、クラブが最下位で2部降格となった中でも高いパフォーマンスを発揮し続けた。35歳になっても成長が止まらないサムライ守護神は、フランスリーグ挑戦2年目をどのように過ごしたのだろうか。(文:舩木渉)

酒井宏樹&川島永嗣

川島永嗣が語る残留への決意。酒井宏樹はCLの切符掴むか。佳境を迎えるリーグ・アン

リーグ・アンが終盤戦に突入している。すでに優勝はPSGが手にしているが、注目を集めるのはCL出場権争いと残留争いである。酒井宏樹所属のマルセイユは日程的な面で不利な状況にあるが、CL出場へ向け、選手の気力は十分だ。そして川島永嗣が所属するメスは残留争い真っ只中。28日の第35節では同じく残留を争うリールとの正念場を迎える。(取材・文:小川由紀子【フランス】)

川島永嗣

川島永嗣、「第3GK」から「正GK」までの苦難。リザーブチームも経験した守護神の悲壮な覚悟【独占インタビュー】

日本代表の絶対的な守護神としてロシアワールドカップへの出場権獲得に貢献した川島永嗣。2016年夏にメスに加入した際は「第3GK」として獲得が発表されたが、絶え間ない努力で現在は正GKにまで上りつめている。リザーブチームでの試合も経験したという川島は、いかにして正GKの座まで辿り着いたのだろうか。(取材・文:小川由紀子【フランス】)[sponsord contents]

新着記事

↑top