focus

バルサ移籍禁止通達、クラブは裏の企みを確信。韓国サッカー協会の不可解な動きと疑問点多いFIFAからの処分

バルサ移籍禁止通達、クラブは裏の企みを確信。韓国サッカー協会の不可解な動きと疑問点多いFIFAからの処分

FIFAがバルセロナに対して発表した移籍禁止処分。海外からの未成年選手登録と移籍の過程に規約違反があったとの理由だが、何者が後ろで手を引いたからとの憶測も。不可解なこの処分は日本のサッカー選手の未来にも、大きく関わってくる問題だ。

20140417_krop2

香川の恩師クロップ監督はマンU、バルサに適任か?哲学から適正・実現度を読み解く

バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドの後任候補として取沙汰されているドルトムントのユルゲン・クロップ監督。欧州サッカーファンには既におなじみの名前だが、その人物像や選手としてのキャリアなどはどんなものなのだろうか?

香川はマンU“第3章”の主役になれるか。残り5戦、マタ・ルーニーとの流動性が将来の扉を開く

香川はマンU“第3章”の主役になれるか。残り5戦、マタ・ルーニーとの流動性が将来の扉を開く

苦難続きだったマンチェスター・ユナイテッドの今シーズンも残り5試合。ここ数週間でチーム内での存在感を増しつつある香川真司。信頼関係も築いた印象も受けるマタやルーニーとともにユナイテッド“第3章”の主役になれるか。

20140416_bar

実況アナと解説者の“ブレーン”。サッカー中継を支える「データマン」の存在

CSを中心に生中継される海外サッカー。この生中継には欠かせない「データマン」の存在をご存知だろうか? サッカーファンへクオリティーの高い中継を届けるため、見えない努力を続けている。

20140415_balcerona_yamakaz

バルサ移籍禁止処分問題。無効化されるグレーゾーン、久保君らスペイン在住の日本人選手に与える影響

バルセロナに科された移籍禁止処分。FIFA規約のグレーゾーンで認めてきたスペインサッカー界だが、今回の処分でドラスティックに変わることが既定路線となっている。久保健英君らスペイン在住の日本人選手に与える影響とは?

ACL、広島の勝利を盗んだ2度のPK。疑惑の判定はミスか故意か

ACL、広島の勝利を盗んだ2度のPK。疑惑の判定はミスか故意か

ACLグループリーグ、FCソウル対サンフレッチェ広島で起こった2度の不可解なペナルティ。それは仕方のないミスだったのか? それとも故意に結果を左右した許されない事件なのか?

20140415_kiyotake2

ブンデス日本人選手、第30節現地採点を振り返る。低評価も悪くなかった清武

ブンデスリーガには多くの日本人選手がいる。彼らが現地でどのような評価を受けているのか。先日行われた第30節の「Kicker」「Bild」の両誌の採点から読み解いていく。

20140414_ge

リバプールがシティを撃破。攻守に高く貢献したジェラード、自身初のリーグ優勝で再び「男泣き」を

マンチェスター・シティとの激戦を制し、男泣きを見せたスティーブン・ジェラード。9歳からチームに在籍し栄光も挫折も経験したキャプテンは、自身キャリア初のリーグ優勝に大きく近づいた。

20140413_gas

まるで“アル中”、代表弱体化の要因か。サッカーの母国イングランドの常軌を逸した飲酒文化

巨万の富を生み出すプレミアリーグ。世界最高のリーグとも言えるが、華やかな話題ばかりではない。母国のサッカー選手による過度な飲酒はたびたび問題を起こし、世間を賑わせている。イングランドに未だ残っているのは、人生させも破滅させてしまうほどの異常な飲酒文化だ。

20140413_ser

本田は足首の捻挫、セードルフ明かす。監督は信頼を強調「彼はビッグプレーヤー。選手としても性格も好き」

状態が心配された本田圭佑の負傷具合だが、足首の捻挫で重症ではないという。セードルフ監督が明かしている。同時に、欠場することになっても信頼は揺らがないことを強調。10番はチーム内で確固たる地位を築きつつある。

20140412_honda

本田は2試合欠場の見込み、現地紙報じる。エル・シャラウィ復帰でポジション争いはさらに激化か

先日の試合でゴールを決め、調子が上向いてきたように見えた本田圭佑だが、不運にも怪我に見舞われた。現地「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙が報じている。

20140412_uchi1

ザックジャパン回顧録。シャルケでベンチ外、ウズベキスタン戦の敗戦…重なる苦境も強さに変えた内田篤人

現在、負傷によって長期離脱を余儀なくされた内田篤人。それでも懸命なリハビリの末、今シーズン中の試合復帰に光が射した。彼の強い精神力の源はどこにあるのだろうか? 答えはシャルケで定位置を失った2012年にあった。

20140412_rea

現地番記者がCLベスト4を読む。対バイエルン戦、レアル有利な理由と勝利のための条件

今季のCLを勝つために、最難関の敵はバイエルン・ミュンヘンだ。ベスト4で激突するのはレアル・マドリー。果たして、絶対王者に勝つ術はあるのか。現地の番記者が徹底分析する。翻訳(江間慎一郎)

ブライトナーは、時に政治家のように、時に科学者のように。世界一洗練されたフットボールを世界に発信する「我がクラブ」バイエルンを語る

ブライトナーは、時に政治家のように、時に科学者のように。世界一洗練されたフットボールを世界に発信する「我がクラブ」バイエルンを語る

ドイツ代表を支えた往年の名選手にして、バイエルン・ミュンヘンのアドバイザーを務めるパウル・ブライトナーが来日。現在、世界一洗練されたフットボールを世界に発信する我がクラブを雄弁に語った。

ビジョンなき経営方針の陥る罠。債務超過のサッカークラブは募金で本当に救われるのか?

ビジョンなき経営方針の陥る罠。債務超過のサッカークラブは募金で本当に救われるのか?

ザスパクサツ群馬が債務超過に陥っている。クラブの危機と言える状況で行われたのは募金活動。これまで1000万円を超える額が集まっているが、果たしてそれが本当にクラブを救う正しい手段だろうか。

新着記事

FChan TV

↑top