focus

オランダ戦で濃厚な3-4-3へ意欲を見せる岡崎。攻撃の活性化にも自信「困ったときは自分の裏への動き」

オランダ戦で濃厚な3-4-3へ意欲を見せる岡崎。攻撃の活性化にも自信「困ったときは自分の裏への動き」

ザックジャパンの練習取材から分析すると、オランダ戦は未だ完成されていない3-4-3となる可能性が高い。不安はあるが、岡崎慎司は自信を見せる。また攻撃の活性化についても語った。

ルーニーが絶賛する“シンジ”。マンU進化のためにエースは“香川の本格化”を渇望する

ルーニーが絶賛する“シンジ”。マンU進化のためにエースは“香川の本格化”を渇望する

マンチェスター・ユナイテッドは取材規制が厳しい。珍しくそれがなくなり、選手たちの話を聞ける場があった。そこで聞かれたのは、ある意味“本音”と言える。香川、ルーニー、それぞれが思いを吐露した。そこから読み取れるのは、強烈なまでにエース、ルーニーからのシンジへのラブコールだ。

20131112_vps

16日に日本と対戦。FIFAランク8位、W杯予選圧勝のオランダ代表の評価が低い理由

今週末、日本代表と戦うオランダ代表。前回W杯準優勝、言わずと知れた強豪だが、果たしてどんなチームなのか。過去の実績もあり、W杯予選も圧勝だったが、指揮官は謙遜し、地元メディアも「弱い」と称する。その理由とは?

日本代表の攻撃進化のカギ握る清武。一瞬のカウンターチャンス逃さぬ卓越したプレービジョンを徹底分析

日本代表の攻撃進化のカギ握る清武。一瞬のカウンターチャンス逃さぬ卓越したプレービジョンを徹底分析

低迷するニュルンベルクであるが、清武の卓越したプレービジョンはピッチ上によく表れている。一瞬のカウンターチャンスを逃さない技術の高さ、鋭い判断力。こうした清武のプレーは代表の攻撃も活性化させるはずだ。

今の代表は国民性そのもの。個人主義のレ・ブルーに勝利至上主義のフランス国民がNon!

今の代表は国民性そのもの。個人主義のレ・ブルーに勝利至上主義のフランス国民がNon!

フランス代表が自国で不人気だ。8割以上の人が悪いイメージを抱き、「個人主義だ」と批判する。だが、代表とは国民を映す鏡。今の代表チームはまるでフランス国民そのものだ。

20131110_nagatomo1

前半苦しむも後半見事に修整を施した長友 継続したチャレンジで今季3得点目を呼び込む

9日、イタリアセリエA・インテルvsリヴォルノの試合が行われ、ホームのインテルが2-0で勝利した。日本代表の長友佑都はリーグ戦12試合連続となるスタメンで出場し、終盤には試合を決定づけるゴールを挙げた。長友が見せた修整力に迫る。

20131110_swan

プレミアで実現した南ウェールズ・ダービー。なぜイングランドに“他国”のクラブが参戦しているのか?

プレミアリーグに参加しているのはイングランドのクラブだけではない。今季はスウォンジーとカーディフが所属。ダービーまで実現した。だが、この2チームはウェールズのクラブ。ウェールズにもリーグがあるはずなのに、なぜ“他国”のリーグに所属しているのだろうか。

20131109_bel

日本代表、Jクラブの広報戦略に満足していますか? ベルギー代表に学ぶ正しい「Youtube」の使い方

日本代表との対戦を控えるベルギー代表。タレントを抱える強豪であるが、彼らの広報戦略は実に優れている。誰でも無料で閲覧できるYoutubeを活用し、選手たちのさまざまな姿をとらえることで、ファンと絆をつくっていっている。

20131109_zak

代表発表記者会見の質問と回答から読み解く。ザックは本当に「言い訳」していたのか

先日、欧州遠征の日本代表メンバーが発表された記者会見は重たい空気があった。報道陣はザッケローニ監督へ厳しい質問をぶつけた。翌日の記事も厳しいものになったが、果たしてザックは「言い訳」して逃げていたのだろうか。当日の様子から読み解く。

20131108_kagawa

復調傾向の香川真司。好不調を判断する上で最もわかりやすいポイントとは?

徐々に本来の力を発揮しつつある香川真司。チャンピオンズリーグで活躍し、次節アーセナル戦での出場も期待できる。強豪アーセナル撃破のために香川に求められることとは何か?

香川真司がマンUから移籍しない5つの理由

香川真司がマンUから移籍しない5つの理由

香川真司に移籍の可能性はあるのか――。日本のサッカーファンであれば非常に興味深いトピックである。だが、そもそもの移籍報道に信ぴょう性はあるのか。現地のフットボールライターが検証する。

怪我人続出、苦戦が続くシャルケ。CLチェルシーに敗戦も、高水準のプレーを発揮した内田篤人

怪我人続出、苦戦が続くシャルケ。CLチェルシーに敗戦も、高水準のプレーを発揮した内田篤人

チャンピオンズリーグ第4節、アウェーのチェルシー戦に臨んだシャルケ。怪我人続出の中、奮闘するも0-3で敗れた。内田篤人は先発フル出場。敗れた中でも高い判断力で自分の力を発揮した。

クラブの“切り札”として活躍する小野の人気は非常に高い

なぜそこまで大きな騒動になってしまったのか。小野伸二、豪州での引退報道の真相

先月末、話題となった小野伸二の引退報道。本人が否定したことで騒ぎは収まったが、そもそもなぜそのような事態になってしまったのか。その背景にあるのは、オーストラリアにおける絶大な小野の人気だ。

ザックジャパン、サプライズ招集の可能性があるのは修行僧のような男?

ザックジャパン、サプライズ招集の可能性があるのは修行僧のような男?

ここ最近のJリーグでは、柿谷曜一朗よりも旬な男かもしれない。

完全復調、そしてモイーズ監督好みのプレーも随所に。今季最高のパファーマンスを見せた香川真司

完全復調、そしてモイーズ監督好みのプレーも随所に。今季最高のパフォーマンスを見せた香川真司

チャンピオンズリーグでソシエダのホームに乗り込んだマンチェスター・ユナイテッド。試合は引き分けに終わったが、香川のパフォーマンスは称賛すべきものだった。今季最高とも言えるプレーにモイーズ監督も評価を上げたはずだ。

新着記事

FChan TV

↑top