ガンバ大阪

宇佐美貴史

過去最高の宇佐美貴史を見せられるか。クラブで絶好調、西野監督の愛弟子にかかる期待

日本代表合宿も2日目が終わり、参加選手それぞれのコンディションの良し悪しも見えてきている。その中でも状態の良さと精神的な充実ぶりをうかがわせるのが、宇佐美貴史だ。フォルトゥナ・デュッセルドルフのブンデスリーガ2部優勝に貢献した、西野朗監督の「愛弟子」とも言える天才アタッカーが覚醒のときを迎えようとしている。(取材・文:元川悦子)

天野純

天野純が磨き上げた「左足1本」へのこだわり。マリノスで目指す「俊さん」の継承

横浜F・マリノスのMF天野純は、12日のガンバ大阪戦で今季2本目となる直接フリーキックでのゴールを決めた。憧れの存在だった中村俊輔を超えるために磨いてきた左足のキックが、ここにきてチームの大きな武器になっている。(取材・文:舩木渉)

曺貴裁

湘南が起こした“ビッグウェーブ”。G大阪を完封、指揮官の「想像の範囲を超えた」攻撃陣

25日に行われた明治安田生命J1リーグ第10節・湘南ベルマーレ対ガンバ大阪は1-0でホームチームが勝利を収めた。持ち味であるハードワークを前面に押し出し、最後まで集中を切らさなかった湘南。DF陣に称賛の目が向けられる中、指揮官が「想像の範囲を超えた」と讃えたのは…(取材・文:小澤祐作)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top