ガンバ大阪

井手口陽介

井手口陽介、プレミア挑戦へのロードマップ。英国の特殊な労働許可証取得問題の現実

日本代表で存在感を増しつつある21歳のMF井手口陽介が、スペイン2部のクルトゥラル・レオネサへ加入することとなった。ガンバ大阪からリーズ・ユナイテッドへ完全移籍したうえで、スペインへのレンタル移籍となる。イングランド2部で欧州圏外の選手がプレーするために必要な労働許可証の取得には様々な条件を満たす必要があり、これまで数多の選手たちがその壁に阻まれてきた。そういった英国の特殊な事情から、将来的にプレミアリーグ挑戦を目指す井手口が直面する現実と、今後のプランを読み解く。(取材・文:松澤浩三【イングランド】)

鹿島アントラーズ

天皇杯決勝、直近5試合を振り返る。G大阪が3度のファイナル進出で2度優勝【編集部フォーカス】

元日に行われる天皇杯決勝。今年度は横浜F・マリノスとセレッソ大阪が優勝をかけて激突する。日本サッカーの新年を告げるこの大舞台では、多くの名勝負が繰り広げられてきた。今回、フットボールチャンネル編集部では過去5大会の決勝を振り返る。

2017シーズン限りで現役引退となる藤ヶ谷陽介

A代表には無縁も…G大阪でACL制覇など経験。今季で引退の藤ヶ谷陽介、幸せなプロ生活【谷間の世代と呼ばれて】

1979年生まれ組が「黄金世代」と称される一方で、「谷間の世代」と呼ばれていた1981年世代。ワールドユース(現U-20W杯)や五輪ではグループステージ敗退を経験したが、2010年の南アフリカW杯では決勝トーナメントに進出した日本代表チームで軸となる世代となり、今なおJクラブで主力を担う選手たちもいる。この世代が2001年ワールドユースに出場したときの正守護神であった藤ヶ谷陽介は、2017シーズンをもってプロ選手を終える決断を下した。ガンバ大阪で数々のタイトルを獲得したゴールキーパーは、自身のキャリアについて何を思っているのだろうか。(取材・文:元川悦子)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top