ガンバ大阪

絶対的司令塔・遠藤保仁のルーツに迫る! 二人の兄の背中を追いかけながらサッカーに明け暮れた少年時代

絶対的司令塔・遠藤保仁のルーツに迫る! 二人の兄の背中を追いかけながらサッカーに明け暮れた少年時代

最新号の『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.31』(小社)では、サッカーとの出会い、そして少年時代のお話などについて、ガンバ大阪の遠藤保仁選手にインタビューを行っている。二人の兄の背中を追いかけながら、遠藤選手はどんな少年時代を過ごしたのか、そのルーツに迫る。

サッカーの真髄は“視覚能力”にあり! 「判断力」をつけるための眼のトレーニングとは?

J2優勝の原動力、ガンバ大阪・宇佐美貴史選手が語るドリブルへのこだわりとは?

各世代の日本代表にも選ばれてきた宇佐美貴史選手(ガンバ大阪)。今年6月、古巣のガンバ大阪に復帰すると、チームのJ2優勝、J1昇格に大きく貢献した。宇佐美選手の特長といえば、相手選手を翻弄するドリブルテクニック。そのフェイントはどうやって習得してきたのか、かつて本人が語ったドリブルへのこだわりを紹介する。

2013年J2 全試合出場が達成目前の選手

2013年J2 全試合出場が達成目前の選手

J2は週末にリーグ戦の最終節が行われる。残り1試合を前に、これまでの全41試合に出場している14人の選手を下の表にまとめてみた。

2013J2第41節ベストイレブン

2013J2第41節ベストイレブン

「Football LAB」が選ぶJ2第41節のベストイレブンは下記の通りとなりました。

2013J2第40節ベストイレブン

2013J2第40節ベストイレブン

「Football LAB」が選ぶJ2第40節のベストイレブンは下記の通りとなりました。

守備を整備しながらも破壊的な攻撃力で他を圧倒。ガンバを一年で昇格させた長谷川監督の手腕

守備を整備しながらも破壊的な攻撃力で他を圧倒。ガンバを一年で昇格させた長谷川監督の手腕

J2に降格し、序盤は苦戦していたガンバ大阪だが、徐々に本来の力を発揮し、一年での昇格を決めた。代表選手を抱えるなどタレント軍団ではあるが、個の力だけで勝ち切ったわけではない。チームを活性化させた長谷川監督の手腕とは?

2013J2第39節ベストイレブン

2013J2第39節ベストイレブン

「Football LAB」が選ぶJ2第39節のベストイレブンは下記の通りとなりました。

2013J2第38節ベストイレブン

2013J2第38節ベストイレブン

「Football LAB」が選ぶJ2第38節のベストイレブンは下記の通りとなりました。

磨かれ続ける“ガンバの至宝”。長谷川監督はいかにして宇佐美の高いポテンシャルを引き出したのか?

磨かれ続ける“ガンバの至宝”。長谷川監督はいかにして宇佐美の高いポテンシャルを引き出したのか?

ガンバに復帰して以降、宇佐美貴史が絶好調だ。もともとポテンシャルの高い選手ではあったが、それを十分に引き出すことができたのは長谷川監督の手腕によるところが大きい。一体、どのような指導をしているのか。

futagawa

ベールに包まれた二川孝広の魅力と素顔

ガンバ大阪特集を行うにあたって、この選手のインタビューは外せない。どんな話になったのか、ちょっと覗いてみよう。

20130902_kakitani

なぜなのか? 希薄になってしまった日本代表とJリーグの関係

日本代表とJリーグは切り離せない関係であるはずだ。ところが、両者の関係はJリーグ発足時と比べると希薄になっている。日本サッカーのためにも共存共栄していくべきだが、果たして関係改善の兆候はあるのか。

ガンバのDF陣たちが語る“守備改革の現在地”

ガンバのDF陣たちが語る“守備改革の現在地”

ガンバの課題となっている守備の改革へ乗り出した長谷川監督。選手の証言からチームにもたらされた守備組織の変革を辿る。

今野泰幸が語るザックジャパン再生への決意「柿谷はまだ遠慮している。もっと要求すべき」

今野泰幸が語るザックジャパン再生への決意「柿谷はまだ遠慮している。もっと要求すべき」

ザックジャパンはチーム発足以来、もっとも悪い状態にあると言っていい。この苦境に選手たちはどう立ち向かうのか。長らくチームを支える今野泰幸に話を聞いた。

2013J2第37節ベストイレブン

2013J2第37節ベストイレブン

「Football LAB」が選ぶJ1第29節のベストイレブンは下記の通りとなりました。

“FW遠藤”を成功に導いた宇佐美の巧みな動き。ガンバで見せる天才の進化に迫る

“FW遠藤”を成功に導いた宇佐美の巧みな動き。ガンバで見せる天才の進化に迫る

富山戦に勝利し、連敗から脱出したG大阪。この日はFWに遠藤保仁を起用する変則的とも言える布陣だったが、その遠藤を活かす動きを見せたのが宇佐美貴史だ。そこには自らの課題を克服し、柔軟さを身に付けた進化する天才の姿があった。

新着記事

↑top