ガンバ大阪

【J1第18節プレビュー】後半戦がスタート。流れをつかむのは

【J1第18節プレビュー】後半戦がスタート。流れをつかむのは

前節でリーグ戦も折り返しを迎え、今節から後半戦に突入。ワールドカップの中断明け以降、全勝で波に乗るG大阪が追い上げを見せるなど、1試合ごとに順位がめまぐるしく入れ替わる混戦模様が続いている。果たして、後半戦のリスタートに成功し、勢いを手にするのはどのチームか。

2014J1 7月ベストイレブン

2014J1 7月ベストイレブン

FootballLABが選ぶ7月のJ1のベストイレブンは下図の通りとなりました。

【J1第17節プレビュー】ディフェンスを制する者が勝負を制する

【J1第17節プレビュー】ディフェンスを制する者が勝負を制する

中断明けのJ1で一歩リードしたのは、華麗にスタイルチェンジを遂げた浦和。連続無失点記録の更新など、ファンの期待が高まる今節は、難敵の鹿島をホームに迎える。

遠藤と中澤がJ1通算450試合達成。500試合達成を目前にしているJ2リーガーも

遠藤と中澤がJ1通算450試合達成。500試合達成を目前にしているJ2リーガーも

J1リーグ再開となった第15節で二人のベテランが偉大な記録を達成した。ガンバ大阪の遠藤保仁と横浜F・マリノスの中澤佑二の二人が、J1通算450試合出場を同時に達成したのである。

【J1第15節プレビュー】再スタートを切ったJ1の熱い戦い

【J1第15節プレビュー】再スタートを切ったJ1の熱い戦い

先日まで行われていたブラジルワールドカップを通し、日本と世界との差が依然として大きいことを痛感した人も少なくないだろう。世界に一歩でも近づくためにも、まずは国内リーグの充実が重要だ。

本田圭佑【写真:Getty Images】

遠藤保仁がほぼ全裸状態のまま監督の指示を聞いている様子がお茶の間に流れる

6月9日の毎日放送「情熱大陸」では遠藤保仁に密着取材した回を放送。日本代表として歴代最多キャップ数を誇る男の、3度目となるワールドカップ挑戦の姿を追っている。番組のインタビューでの「天才ですか? と聞かれたら」という問いに対しては、「ノーですね。努力しなくてもいい人が天才なんじゃないですか」と回答。

遠藤保仁はなぜボールを奪われないのか? 今野泰幸が語るヤットのすごさ

遠藤保仁はなぜボールを奪われないのか? 今野泰幸が語るヤットのすごさ

視界に遠藤保仁がいる。ボランチ、あるいはトップ下、フォワードとして。ピッチ上の遠藤とはどのような存在なのか。数々のシーンでともにプレーしてきた、今野泰幸の経験とともに紐解いていく。(『フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る』より)

レギュラー8人がコンディション不良、大会前は“調整”が最優先に。日本代表は本当に大丈夫か?

レギュラー8人がコンディション不良、大会前は“調整”が最優先に。日本代表は本当に大丈夫か?

W杯直前合宿を終えたザックジャパン。しかし、4年間の集大成となる最大のトーナメントを控えながら多くの中心選手はフォームがピークからは程遠い状態にある。6月14日の初戦コートジボワール戦のピッチに立つ11人は見慣れない顔ぶれとなっている可能性もある。

best

2014J1 5月ベストイレブン

FootballLABが選ぶ5月のJ1のベストイレブンは下図の通りとなりました。

【J1第14節プレビュー】中断前最後のJ1。鳥栖は首位キープなるか

【J1第14節プレビュー】中断前最後のJ1。鳥栖は首位キープなるか

5月12日にW杯に向けた日本代表メンバーが発表された。国内組から選ばれたのは11人。大久保がサプライズ選出されたこともあり、Jリーグへの関心は日に日に高まっている。今節を終えると、W杯のためにJ1は約2ヵ月の中断期間に突入。鳥栖が首位を守れるか、大久保は景気付けに得点を挙げられるかなど、注目点が満載だ。

フットボールサミット第21回

フットボールサミット第21回

遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性

20140505_endo

自慢のパスサッカーも影潜め、ついに降格圏まで転落。J1復帰のガンバ、なぜ勝てないのか?

J1に復帰したガンバ大阪だが、苦戦が続いている。前評判は高かったはずだが、攻守が噛み合わず、現在16位と降格圏に沈んでいる。しかも、以前との違いはパスサッカーで圧倒する姿すらないことだ。なぜ苦しんでいるのか? 番記者が分析する。

【J1第7節プレビュー】激戦必至の「大阪ダービー」

【J1第7節プレビュー】激戦必至の「大阪ダービー」

開幕から6試合でいまだ勝利のない仙台が監督交代に踏み切るなど、現状を打破するために大なたを振るうチームが現れ始めたJ1。7節は4月11日に1試合、12日に8試合開催される。注目の一戦は、C大阪がG大阪をホームに迎える「大阪ダービー」。互いの攻撃スタイルがぶつかり合う好ゲームが期待される。

【J1第6節プレビュー】リーグ戦2年ぶりとなる名門対決のゆくえは

【J1第6節プレビュー】リーグ戦2年ぶりとなる名門対決のゆくえは

リーグ戦も5試合を消化し、上位と下位の差は徐々に開き始めた。浮上のキッカケをつかもうとするチームがいる中で、首位を快走しているのは若手の台頭著しい鹿島。今節は数々の名勝負を繰り広げたG大阪と対戦する。敵地でライバルを退け、勢いに弾みをつけられるか。

新着記事

↑top