本田圭佑

今だから分かる、アジアカップ時の言葉に隠された本田圭佑の実現力

ザックジャパンが苦戦の末手にしたアジアカップ。本田圭佑はその大会でMVPを獲得したが、まったく満足していなかった。彼は常に上を見ていた。そして振り返ると、今の本田に通じる実現力が言葉に表れている。

2013年のよく読まれた記事で振り返る日本サッカー界。もっとも話題となったのは?

2013年、サッカー界でもっとも話題になったことはなにか。フットボールチャンネルでよく読まれた記事をもとに振り返ってみたい。

内部抗争で迷走するミラン。名門の救世主は“10番”本田か、変革の旗手・バルバラ嬢か

本田圭佑が加入するミランが揺れている。成績が上向かないこともあるが、内部で不協和音が起こっているのだ。名門への移籍、慣れない環境に加えて、本田には不安定なクラブ状況も襲い掛かることになる。

新着記事

↑top