本田圭佑

ミランOBのサビチェビッチ。本田圭佑のイタリアでの活躍に太鼓判

ミランOBのサビチェビッチ。本田圭佑のイタリアでの活躍に太鼓判

かつてACミランなどで活躍し、ジェーニオ(イタリア語で天才)と呼ばれた男はいま、モンテネグロサッカー協会の会長を務めている。最新号の『サッカー批評issue65』(双葉社)では母国で奮闘を続ける彼にインタビューを行っている。本田圭佑について語った部分を抜粋して紹介する。

強豪相手にも示した高い組織力。ベルギー戦で現れた日本代表の序列を覆す新戦力とは?

芸人を超えた! 素人学生が披露した上手すぎる本田圭佑モノマネ

オランダ戦もベルギー戦もゴールを決めるなど、日本代表の不動のエースとして君臨する本田圭佑。本田フィーバーで沸く日本では当然ながら? 彼の人気に便乗しようとする動きがあるようだ。

ベルギー人記者が見た日本代表。柿谷を絶賛も強気の姿勢崩さず「フルメンバーなら我々が有利」

日本代表の1トップ、適任は誰?

フットボールチャンネルでは、その時々のトピックスについて、読者の方々からご意見を頂きたいと考えています。今回のお題は『日本代表の1 トップ、適任は誰?』です。皆さんのご意見、お待ちしております。

ベルギー人記者が見た日本代表。柿谷を絶賛も強気の姿勢崩さず「フルメンバーなら我々が有利」

ベルギー人記者が見た日本代表。柿谷を絶賛も強気の姿勢崩さず「フルメンバーなら我々が有利」

日本代表に敗れたベルギー代表。現地ベルギー人記者は日本のパフォーマンスの良さを認めつつ、何人かの選手をあげて称賛した。特に柿谷曜一朗への評価は高かった。だが、ある記者はベルギー方がまだ強い、と分析する。果たしてその理由は?

ザックジャパンと引き分けたオランダ。「日本が大学ならまるで幼稚園」と現地メディア・識者は自国代表を酷評

ザックジャパンと引き分けたオランダ。「日本が大学ならまるで幼稚園」と現地メディア・識者は自国代表を酷評

日本と引き分けた試合をオランダではどう受け止められたのだろうか。現地メディア、識者のコメントから読み解く。

20131118_honda

W杯を見据えて“個の力”を強調する本田。大迫、山口への評価も「中盤も僕にとっても安泰なポジションではない」

オランダ戦を本田はどう振り返ったのか。冷静に分析しつつも改めて「個」が大事であることを強調した。そして大迫や山口への出来へも言及した。彼らへの評価をしつつ代表のポジション争いが激しくなることへは歓迎しているようだ。

20131117_honda

明確だった守備戦術。オランダ戦でザックジャパンがリズムを掴めたのはなぜか?

強豪オランダと引き分けた日本。後半は流れを掴み、日本のペースとなった。試合のターニングポイントはどこにあるのか? また失点した前半も守備は悪くなかった。一体どのようにして守っていたのか? 検証する。

一回の散髪代に400万円!? 日本代表・本田圭佑伝説

一回の散髪代に400万円!? 日本代表・本田圭佑伝説

11月11日、日本テレビで放送された「くりぃむしちゅーのLOVE!アスリート」。スーパースターの知られざる伝説を披露するという内容で、サッカー界からは日本代表の本田圭佑や長友佑都のエピソードが紹介された。

20131116_zak

強豪オランダ・ベルギーと戦う意味――。ザックが求め続けた“理想のバランス”とは何か?

ザックジャパンにとって今年最後の試合となるオランダ戦とベルギー戦。ワールドカップに向けて重要な試合であることに間違いはないが、チームとして何が求められるのか。ザッケローニ監督が常に口にしてきた「理想のバランス」がカギとなる。

CSKA監督の最新コメントなどからロシア人記者が本田の未来を分析。ミラン合流のXデーと活躍の可能性

CSKA監督の最新コメントなどからロシア人記者が本田の未来を分析。ミラン合流のXデーと活躍の可能性

CSKAに密着するロシア人記者は本田の移籍を肌で感じているようだ。監督コメントからもそれはうかがえる。では、実際の合流はいつになるのか? そして新チームで活躍出来るのか?
(翻訳・構成:山田一仁)

選手証言で検証。オランダ移籍にメリットはあるか?

選手証言で検証。オランダ移籍にメリットはあるか?

一時期、エールディビジへの日本人選手の移籍が相次いだ。その中には吉田麻也のようにプレミアリーグへとステップアップした選手がいる。果たしてオランダに移籍するメリットとは何なのか? 選手・関係者の証言を元に検証する。(この原稿は2011年8月に執筆されたものです。再掲載にあたり所属チームなど変更があった部分を修正しています)

新着記事

↑top