ハル・シティ

プレミアリーグの2014年夏の移籍市場総括。ベスト補強、ワースト補強は?

イングランド・プレミアリーグの2014年夏の移籍市場が現地時間9月1日23時を持って終了した。期限日には数多くの駆け込み補強が行われ、複数の英メディアによるとリーグ20クラブの支出総額は史上最高の8億5800万ポンド(約1484億円)を記録したとされる。本稿では今夏の同リーグ移籍市場を総括する。

「ファンが切望する復活の希望」。現地記者がマンUの若手トリオを絶賛。ギグスの起用法にも賛辞

ハルとのホーム最終戦を白星が飾ったマンチェスター・ユナイテッド。ギグスにとって最後のオールド・トラッフォードでの試合だったが、最も注目を集めたのは3人の若手選手。プレーは現地で称賛され、大胆に起用したギグス監督も高い評価を得た。

マンU監督が2つのサプライズ起用。現地は若手に賛辞もボランチの香川に厳しい指摘。「放浪」「印象にない」

マンチェスター・ユナイテッドは6日、ホームにハルを迎え、3-1で勝利を収めた。18歳の新人ウィルソンが2得点する鮮烈なデビューを飾ったほか、ギグスが選手として途中出場した。香川はフル出場。ボランチという驚きのポジションでの起用だった。現地評価をお届けする。

新着記事

↑top