J1

20140823_kawasaki_getty

“サッカーで客を呼べる”クラブ、川崎F。「ここにしかないサッカーをしよう」。ゲームを支配し、相手を攻撃し続ける

川崎フロンターレのホーム、等々力陸上競技場の平均収容率はJ1、J2合わせてトップを誇る。その理由には、大久保嘉人の存在やイベント企画の充実が挙げられるが、最たる要因は「サッカーで客を呼べるようになってきた」ことである。

【J1第21節プレビュー】最高の守備決戦。「盾」を破るのはどちらだ

【J1第21節プレビュー】最高の守備決戦。「盾」を破るのはどちらだ

前節の完封勝利でリーグ戦5試合連続無失点を達成したF東京。今節は最少失点で首位に立つ浦和を抑え、優勝争いの足掛かりをつかみに掛かる。また、2位の川崎Fは「神奈川ダービー」を迎えるなど、今節も各地で熱い戦いが繰り広げられそうだ。

背水の陣のセレッソ、次節の相手は復調傾向の広島。苦境を脱するために何が求められるのか?

背水の陣のセレッソ、次節の相手は復調傾向の広島。苦境を脱するために何が求められるのか?

リーグ2連覇中のサンフレッチェ広島は、勝利のためにやるべきことを徹底する。全員が同じ方向を向いていると感じさせるチームだ。セレッソ大阪は前節、久々の複数得点を奪った。今節こそ勝利を掴み、浮上のきっかけにしたい。

代理人が明かすフォルラン来日の真相。高額年俸を捻出できた理由とシビアな交渉の舞台裏

代理人が明かすフォルラン来日の真相。高額年俸を捻出できた理由とシビアな交渉の舞台裏

2014年1月23日、ディエゴ・フォルランの公式Twitterに「私は2014年12月まで桜大阪との契約に署名しました」という衝撃のツイートが流れた。『フットボールサミット第24回 美しく危険な男 フォルラン』では、この大型移籍を取りまとめた木村精孝FIFA公認エージェントを直撃している。

セレッソ大阪通訳“ガンジーさん”が語るフォルランの素顔。卓越した言語力と日本文化への思い

セレッソ大阪通訳“ガンジーさん”が語るフォルランの素顔。卓越した言語力と日本文化への思い

ディエゴ・フォルランの通訳を務める“ガンジーさん”こと白沢敬典氏。『フットボールサミット第24回 美しく危険な男 フォルラン』では、ときにはファンからサインを求められることもあるというセレッソ大阪の名通訳に、「相棒」フォルランについて語ってもらった。

元日本代表の戸田和幸氏が解説の失敗を迅速に謝罪。真摯な対応にファンは評価

元日本代表の戸田和幸氏が解説の失敗を迅速に謝罪。真摯な対応にファンは評価

サッカー元日本代表で、現在解説者の戸田和幸氏が、あるサッカークラブの名称を謝罪したことで、話題となっている。

2位浮上! 好調の川崎フロンターレを支えるゲン担ぎのキーアイテムはバリカン

2位浮上! 好調の川崎フロンターレを支えるゲン担ぎのキーアイテムはバリカン

リーグ戦再開後、6戦5勝で今節終了時には2位に浮上した川崎フロンターレ。そんな好調を維持するチームで、若手・登里享平が行っているゲン担ぎがある。それが試合前日のバリカンによる刈り上げだ。

20140816_nisikawa_getty

4試合ぶり完封勝利の浦和。チーム全員が激しく戦い、守護神も好セーブを披露

リーグを引っ張る浦和レッズだが、最近は失点が増えており堅守に綻びが見られる。サンフレッチェ広島は相性のいい相手だが、2連覇中の王者相手に油断は禁物。勝利のためには守護神・西川の活躍だけでなく、全員のハードワークが不可欠だ。

20140816_takasaki_getty

複数得点を奪っても勝てない横浜FM。プレーに自信が見える徳島はもはや楽な相手ではない

2本のセットプレーで追いつかれ、またも勝利を逃した前節の横浜F・マリノス。2点差をつけても勝ちきれなかった事実は今節にどう影響するだろうか。徳島ヴォルティスは最下位だが、再開後の好転の兆しがある。徳島が勝点3を奪う可能性もゼロではない。

【J1第20節プレビュー】真夏の戦いを制するのは

【J1第20節プレビュー】真夏の戦いを制するのは

前節の結果を受けて、浦和と鳥栖が同率1位となる珍しい出来事が起きた。その下に目を移すと、勝点差1まで詰めてきた川崎Fや5連勝で一気に順位を上げたG大阪などが、上位2チームに次々と肉薄。混戦状態にさらに拍車を掛けている。今節は1位の浦和と6位の広島が対決。広島は王者として意地を見せられるのか。この試合を含め、以下の3試合をピックアップした。

現在絶好調のG大阪、勢いそのままに6連勝目指す。まだ5勝の名古屋はリーグ戦8試合ぶりの勝利目指す

現在絶好調のG大阪、勢いそのままに6連勝目指す。まだ5勝の名古屋はリーグ戦8試合ぶりの勝利目指す

降格圏内に沈んでいたガンバ大阪が連勝を重ね、じわじわ順位を上げてきた。今節は2006年4月以来の6連勝を狙う。かつてガンバを率いた西野朗氏が監督を務める名古屋グランパスは、16位まで順位を下げた。是が非でも欲しい勝点3獲得のためにどのような戦いを見せるのか。

金銭問題? スポンサーの“嫌韓”? 韓国でも大きな衝撃を与えた鳥栖のユン前監督解任劇。決別の真相は未だ謎のまま

金銭問題? スポンサーの“嫌韓”? 韓国でも大きな衝撃を与えた鳥栖のユン前監督解任劇。決別の真相は未だ謎のまま

J1で首位に立つなど、結果を残しながらシーズン途中に解任したサガン鳥栖のユン・ジョンファン前監督。この事態は、ユン前監督の母国・韓国でも大きく報道されている。果たして、この人事の真相はどこにあるのだろうか?

新着記事

↑top