J1

FC東京・石川直宏の人生を大きく動かした「2011」

FC東京・石川直宏の人生を大きく動かした「2011」

東日本大震災から3年。2011年は、日本人にとって誰もが、生と死について強く考えさせられた1年だったに違いありません。FC東京に所属する石川直宏選手もその一人でした。震災、娘の誕生、親友・松田直樹選手の死――を経験した石川選手のお話を今回は、お届けします。

実は本田圭佑が影響。セレッソ社長が明かす、カカーではなくフォルランを獲得した理由

実は本田圭佑が影響。セレッソ社長が明かす、カカーではなくフォルランを獲得した理由

最新号の『サッカー批評issue67』(双葉社、3月10日発売)では、フォルランの獲得や柿谷曜一朗、山口蛍など若いタレントの育成で注目を集めるセレッソ大阪の社長にインタビューしている。そこで語られたスター獲得の真実とは?

20140309_nishino

J1第2節はまたもアウェイチームが健闘。名古屋は西野新監督による変化の兆しも

第2節が終了したJ1。開幕節と同様、ホームチームが苦戦する結果となった。勝利したのは広島と鹿島だけ。また、開幕から連敗したのは仙台、大宮、徳島の3チーム。早くも明暗が分かれている。

Jリーグ歴代最多試合連続出場を達成したゴールキーパー。次戦で因縁の相手と対決

Jリーグ歴代最多試合連続出場を達成したゴールキーパー。次戦で因縁の相手と対決

今シーズン、ベガルタ仙台からサンフレッチェ広島に移籍して来たGK林卓人が、2014年のJリーグ開幕戦で偉大な記録を打ち立てた。

【J1第2節プレビュー】連勝か、初勝利か。思惑が交錯する開幕第2戦

【J1第2節プレビュー】連勝か、初勝利か。思惑が交錯する開幕第2戦

先週の開幕戦では多くの試合で明暗がくっきりと分かれた。大勝を収めたチームはその勢いのままスタートダッシュを狙い、ホームで迎えた初戦を落としたチームは、敵地に乗り込んで初白星を目指す。注目の2節は3月8日に開催。勝点3をめぐる熱いゲームに期待したい。

20140228_cerrzohiroshima

【J1第1節プレビュー】22度目の開幕。好スタートを切るのは

近年は混戦模様が続くJ1リーグ。今年は「西の雄」であるG大阪がJ1復帰を果たしたことで例年以上に予想困難な戦いが繰り広げられそうだ。果たして、最後の1ステージ制のチャンピオンに輝くのはどのチームか。

ガンバ大阪、2014補強診断。昇格即優勝も可能、懸念は宇佐美の怪我

ガンバ大阪、2014補強診断。昇格即優勝も可能、懸念は宇佐美の怪我

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。昨季J2を制し、J1に復帰したガンバ大阪を占う。

ヴィッセル神戸、2014補強診断。戦力は充実、上位進出には若手とベテランの融合

ヴィッセル神戸、2014補強診断。戦力は充実、上位進出には若手とベテランの融合

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。大型補強で昇格1年目での上位進出を目指すヴィッセル神戸を占う。

昨季川崎Fを引退、伊藤宏樹の“転職”。J最強のプロモ部での新たな挑戦

昨季川崎Fを引退、伊藤宏樹の“転職”。J最強のプロモ部での新たな挑戦

昨年、川崎フロンターレで現役を引退した伊藤宏樹氏。当初は育成普及部での活動を発表していたが、その後、クラブスタッフとしての入社が決まり集客プロモーション部の配属となった。わずか数週間での“転職”だが、そこにはとある取材での出来事が後押しにもなったという。2月1日から新たな仕事場に飛び込んで働く、現在の彼の心境を聞いてみた。

ヴァンフォーレ甲府、2014補強診断。厳しい戦力、残留は城福監督の手腕にかかっている

ヴァンフォーレ甲府、2014補強診断。厳しい戦力、残留は城福監督の手腕にかかっている

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。2季連続の残留を目指すヴァンフォーレ甲府を占う。

川崎フロンターレ、2014補強診断。成熟した風間スタイル、タイトルも狙える陣容に

川崎フロンターレ、2014補強診断。成熟した風間スタイル、タイトルも狙える陣容に

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。風間監督のスタイルが浸透し、タイトル奪取を目指す川崎フロンターレを占う。

アルビレックス新潟はなぜ集客力があるのか? クラブを突き動かす濃すぎる2万5000人のサポーター

アルビレックス新潟はなぜ集客力があるのか? クラブを突き動かす濃すぎる2万5000人のサポーター

J1昇格以降、10年以上残留しているが、毎年そこまで順位が良いわけではない。それでいて集客力はJリーグトップクラス。それがアルビレックス新潟だ。日本代表選手を抱えているわけでもないクラブがなぜそんなに人気があるのか? その理由の一つに濃厚過ぎるサポーターの存在がある。

アルビレックス新潟、2014補強診断。川又らの活躍次第ではACL圏内も狙える

アルビレックス新潟、2014補強診断。川又らの活躍次第ではACL圏内も狙える

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。主力の残留に成功、躍進を目指すアルビレックス新潟を占う。

20140224_zura

大宮アルディージャ、2014補強診断。主力放出の穴埋めは不十分、残留を争う厳しい一年に

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。大熊清新監督を迎えた大宮アルディージャを占う。

新着記事

↑top