J1

広島2連覇の立役者、佐藤寿人の少年時代を振り返る。幾度も壁にぶつかりながらもつかんだプロへの道

「2013Jリーグディビジョン1」を逆転優勝で2連覇を果たしたサンフレッチェ広島。そのチームをけん引したのが、キャプテンであり、今シーズンにJリーグ史上初の10年連続2ケタ得点を記録した佐藤寿人選手。彼はどんな少年時代を過ごしたのでしょうか。

またもJ1昇格に一歩及ばなかった京都サンガ。理想を追い求めた大木監督の悲運

試合終了のホイッスルが鳴り響くと、大木武はすぐにコーチングスタッフたちと握手を交わし、ベンチ前で佇んだ。

2013J1第34節ベストイレブン

「Football LAB」が選ぶJ1第34節のベストイレブンは下記の通りとなりました。

徳島遠征するJ1クラブサポは必読。渦潮、淡路島バーガーをご賞味あれ

四国と聞いてもJ1サポーターは馴染みのない土地だろう。そんなわけでJ1サポーターの皆さん、特に東日本方面から車で徳島へ乗り込もうとしているサポーターの方々にお得な情報を。

「大宮の癌はどこだ?」。無気力試合にサポが怒りの弾幕。心を痛めた人も

リーグ戦はまだ1試合残っているが、今シーズンもっとも浮き沈みが激しかったチームといえば、大宮アルディージャだったと言っても異論はないだろう。

どうなるJ1優勝争い。マリノス有利だが広島にチャンスあり、鹿島には奇跡が必要

最終節までもつれた今年のJ1リーグ優勝争い。最後の最後で、その決着をつけることとなった。

2013J1第33節ベストイレブン

「Football LAB」が選ぶJ1第33節のベストイレブンは下記の通りとなりました。

三つ巴の争いとなったJ1優勝の行方。勝負を分けるのは得失点差か

優勝に王手をかけていた横浜F・マリノスだったが、今節での悲願達成とはいかなかった。

実は後半戦1位の新潟。意外でなかったマリノス戦勝利から見える、2ステージ制以降後の超混戦と大混乱

週末のJ1は首位のマリノスが敗れ、優勝争いは最終節に持ち越された。マリノスに勝利した新潟は後半戦1位のチーム。2ステージ制で考えると新潟はステージ優勝に最も近いチームだ。Jリーグがいつも混戦であるのは周知の事実。大会方式が2ステージ制に変更すればそれはますます加速し、同時にある“混乱”を招くだろう。

美しすぎるから本格派まで。スタジアムにいる美女リポーターの実態を追え

スタジアムには美女が多い。もちろんサポーターも含めて。気になるのが、スカパー!をはじめJリーグ中継でピッチやベンチの様子を伝えてくれるレポーターの女性たち。

新着記事

↑top