日本

アジア杯へ最終テスト。「チャンスを与えられるべき選手」とは?“走れなくても世界クラス”宇佐美は招集なるか

アジア杯へ最終テスト。「チャンスを与えられるべき選手」とは?“走れなくても世界クラス”宇佐美は招集なるか

ホンジュラス戦とオーストラリア戦に向けたメンバー発表を行うハビエル・アギーレ監督。来年1月のアジア杯に向けて最終テストの2試合となるが、最後のチャンスを与えられる選手は誰なのだろうか?

20141025_kagawa_getty

「別の顔」。ドルトムント、CL快勝でブンデスでの悪い流れ断ち切るか。アシストの香川には「まだ控えめ」

ドルトムントは、チャンピオンズリーグのグループDでガラタサライを相手にアウェイで4-0と快勝を収めた。アシストを記録した香川真司に対しては平均的な評価に留まったが、地元紙はブンデスリーガでの復調に期待を寄せた。

「本田はリーガで通用する」。アギーレが語った日本とスペインの違い。そして“伝統の一戦クラシコ”への展望

「本田はリーガで通用する」。アギーレが語った日本とスペインの違い。そして“伝統の一戦クラシコ”への展望

日本代表監督ハビエル・アギーレ。オサスナでは14人が下部組織出身という限られた戦力を駆使し、チャンピオンズリーグ出場権を獲得。一躍名を挙げ、その後アトレティコ・マドリードやエスパニョールの監督を歴任し、リーガ各クラブでその手腕を認めさせてきた。世界最高峰リーガでの監督経験を豊富に持つアギーレは、ハーフナー・マイクや本田など日本代表主力をどう評価しているのか。日本とスペインのサッカーの違いをどこに感じているのか。レアル・マドリード対バルセロナの“伝統の一戦クラシコ”を前に、その胸中を語る。

J3町田ゼルビア、イングランドのフットサルクラブの公式スポンサーに

J3町田ゼルビア、イングランドのフットサルクラブの公式スポンサーに

イングランドのFAナショナルフットサルリーグ・サウス2部に所属するFCエンフィールドの公式スポンサーに、J3のFC町田ゼルビアが就任した。20日にクラブが公式に発表し、21日にはFCエンフィールドでプレーする時国司が自身のツイッターで明かしている。

U-19日本代表、4大会連続アジア敗退で示された育成の課題。勝つため、点を取るための「イメージの共有」

U-19日本代表、4大会連続アジア敗退で示された育成の課題。勝つため、点を取るための「イメージの共有」

U-19アジア選手権準々決勝で敗退し、4大会連続でU-20W杯出場権を逃した日本。準決勝に進出し、世界への切符を手にした4カ国は日本に欠けていた重要な要素を備えていた。

20141020_honda2_getty

右WGで“オンリーワン”の存在感示す本田。2桁得点ならレジェンド超えも。「ミランの10番」として歴史に名を刻め!

セリエA第7節、ミランはアウェーでヴェローナを3-1で下した。本田圭佑はこの試合で2得点を記録。加入当初は懐疑的な目を向けられた「ミランの10番」として相応しい活躍を見せている。

日本、アンダー世代が相次ぐ敗退…。U-19も北朝鮮に敗れU-20W杯逃す。育成・強化の見直しは急務

日本、アンダー世代が相次ぐ敗退…。U-19も北朝鮮に敗れU-20W杯逃す。育成・強化の見直しは急務

AFC・U-19選手権準々決勝、U-19日本代表は北朝鮮にPK戦で敗れた。この結果、日本は4大会連続でU-20W杯出場を逃すこととなった。相手を崩し切ることが出来ず120分でも決着を付けられなかった要因とは。

新着記事

↑top