【日本代表メンバー】
日本代表選手(発表)
名前 ポジション 所属 生年月日 身長 体重 キャップ/ゴール

(所属クラブ・キャップ/ゴール数は現在)

明確な課題を持ってベルギー戦に挑んだ香川真司。「勇気と自信を持ってやれたからこそベルギーに勝利できた」

明確な課題を持ってベルギー戦に挑んだ香川真司。「勇気と自信を持ってやれたからこそベルギーに勝利できた」

今回の欧州遠征、オランダ戦では後半から投入されキレのある動きを見せた香川真司。ベルギー戦はスタメンで出場し、及第点のプレーを見せた。香川がベルギー戦に持って臨んだ明確な課題とは?

強豪相手にも示した高い組織力。ベルギー戦で現れた日本代表の序列を覆す新戦力とは?

強豪相手にも示した高い組織力。ベルギー戦で現れた日本代表の序列を覆す新戦力とは?

ザックジャパンがベルギーに快勝した。タレント揃いのチームだったが、日本の守備陣は破綻することなく、組織的に対処していた。そして見えてきた序列を覆しそうな存在。彼らのパフォーマンスから読み解く。

日本はなぜ勝てたのか? ザックジャパン最大の武器が再確認出来たベルギー戦【どこよりも早い採点】

20日早朝に行われた日本対ベルギー。日本は3-2で強豪ベルギーに逆転勝ちした。日本はなぜ勝てたのか? そしてW杯へ向けて目指すべきサッカーは見つかったのか?

【図解】ベルギーの攻撃傾向から分析。日本はどう守るべきか?

【図解】ベルギーの攻撃傾向から分析。日本はどう守るべきか?

強豪ベルギーの攻撃はダイナミックで強烈なものがある。それを的確に止めることはW杯で勝ち上がるためにも極めて重要な指針となる。ベルギーはどのような攻撃傾向があり、どう対処すべきなのか?

川島永嗣が語る、ベルギー戦がザックジャパンにとってこれまでより重要な試合である理由

川島永嗣が語る、ベルギー戦がザックジャパンにとってこれまでより重要な試合である理由

オランダ戦をベンチから見守った川島永嗣。ベルギー戦へ懸ける思いは強い。正GKを守るためというのもあるが、チームとして大事な試合であることを守護神は強調する。

日本代表ゴールキーパーの宿命か? サッカー都市伝説「GK背番号1はゴールを守れない」

日本代表ゴールキーパーの宿命か? サッカー都市伝説「GK背番号1はゴールを守れない」

オランダ代表とのテストマッチで、日本代表のゴールマウスを守ったのは川島永嗣ではなく西川周作だった。

ベルギー戦直前! 元スカウトマンに聞く日本の10番・香川真司のスゴさとは!?

セレッソ大阪元スカウトマンに聞く日本の10番・香川真司のスゴさとは!?

イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドでその存在感を増している香川真司選手。香川選手を幼いころからよく知る、セレッソ大阪の小菊昭雄氏に、彼のスゴさを伺った。

「自分たちを測る試合ではない」。“第2のホーム”で勝利を渇望する川島。ベルギー戦で正GKとしての真価を見せることが出来るか?

「自分たちを測る試合ではない」。“第2のホーム”で勝利を渇望する川島。ベルギー戦で正GKとしての真価を見せることが出来るか?

ベルギー戦を人一倍強い気持ちで迎える選手がいる。GK川島永嗣だ。現地ベルギーでプレーし、何人かの選手は実際に対戦している。また、オランダ戦はベンチスタートだった。自分が正GKだと示すためにも勝利は必要だ。

【現地ベルギーから最新情報】負けられない日本戦。“赤い悪魔”が警戒心を強めるザックジャパン

【現地ベルギーから最新情報】負けられない日本戦。“赤い悪魔”が警戒心を強めるザックジャパン

本日深夜、日本と対戦するベルギー。オランダと引き分けた日本へ、彼らは警戒心を強めている。現地メディア、識者、ベルギー代表選手たちのコメントから読み解いていく

ザックジャパンと引き分けたオランダ。「日本が大学ならまるで幼稚園」と現地メディア・識者は自国代表を酷評

ザックジャパンと引き分けたオランダ。「日本が大学ならまるで幼稚園」と現地メディア・識者は自国代表を酷評

日本と引き分けた試合をオランダではどう受け止められたのだろうか。現地メディア、識者のコメントから読み解く。

闘莉王が“意外にも”わかりやすいオランダ戦分析を披露

闘莉王が“意外にも”わかりやすいオランダ戦分析を披露

17日に放送されたテレビ朝日『やべっちFC』に日本代表待望論がくすぶる闘莉王が出演。やべっちらとともに先日行われたオランダ戦を振り返りながらコメントした。

視聴率も“半端ない”!? 日本代表対オランダ代表戦で久々の20%超え

視聴率も“半端ない”!? 日本代表対オランダ代表戦で久々の20%超え

11月16日、テレビ朝日で生中継された日本対オランダ戦。その平均視聴率が21・9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と20%超えをしていることがわかった。

フォーメーションから読む。日本はいかにしてオランダを苦しめたのか?

フォーメーションから読む。日本はいかにしてオランダを苦しめたのか?

16日に行われた日本代表対オランダ代表の一戦。前半と後半、試合の流れがガラリと変わったが、それをフォーメーションから読み解くとわかりやすい。オランダのA級指導者ライセンスを保持する林雅人氏に聞いた。

20131117_nishikawa

“2番手”以上の存在感を示したGK西川周作。日本に流れ呼び込んだ高いビルドアップ能力に迫る

オランダ戦、GKは川島永嗣ではなく西川周作だった。2失点はしたが、彼の良さが出た試合でもあった。西川の武器は正確なキック能力。DF陣との細かなやりとりから攻撃の起点となり、日本に流れをもたらした。

20131118_honda

W杯を見据えて“個の力”を強調する本田。大迫、山口への評価も「中盤も僕にとっても安泰なポジションではない」

オランダ戦を本田はどう振り返ったのか。冷静に分析しつつも改めて「個」が大事であることを強調した。そして大迫や山口への出来へも言及した。彼らへの評価をしつつ代表のポジション争いが激しくなることへは歓迎しているようだ。

新着記事

↑top