ジョゼップ・グアルディオラ

マンU、CL史上最低ボール支配率も主将・監督は希望抱く。「バイエルン倒せる」「チャンスある」

マンU、CL今季最低ボール支配率も主将・監督は希望抱く。「バイエルン倒せる」「チャンスある」

王者バイエルンと引き分けたマンチェスター・ユナイテッド。7割以上ボールを保持され、厳しい戦いだったが、現地指揮者は「自信を付けた」と高く評価。ヴィディッチやモイーズ監督も第2戦への希望を抱いた。

香川に現地は高評価。「マンUの攻撃に力与えた」「試合を互角にした。バイエルン守備陣に不安与える」

香川に現地は高評価。「マンUの攻撃に力与えた」「試合を互角にした。バイエルン守備陣に不安与える」

1日、マンチェスター・ユナイテッド対バイエルン・ミュンヘンの一戦は1-1のドローに終わった。香川真司は後半開始から投入されると先制点のきっかけとなるなどいい動きを見せた。現地も高い評価をしている。

守備的スタイルの中での“危険な賭け”。モイーズはバイエルン戦でなぜ香川を投入したのか?

守備的スタイルの中での“危険な賭け”。モイーズはバイエルン戦でなぜ香川を投入したのか?

1日に行われたチャンピオンズリーグのベスト8。ホームにバイエルン・ミュンヘンを迎えたマンチェスター・ユナイテッドは1-1で引き分けた。前評判通りポゼッションで圧倒されたユナイテッドだったが、試合運びは見事だった。そんな中、香川を投入した意図とはどこにあるのか?

CLベスト8、1stレグ。王者バイエルンと激突するマンU。鍵握る“バイエルンキラー”香川

CLベスト8、1stレグ。王者バイエルンと激突するマンU。鍵握る“バイエルンキラー”香川

1日からスタートするチャンピオンズリーグ・ベスト8の1stレグ。ユナイテッド対バイエルン、バルサ対アトレティコの2カードが行われる。優勝候補筆頭の王者バイエルンをホームに迎えるユナイテッドに勝機はあるのか…。

ドイツでは警戒論も香川の名も一切なし。史上最強バイエルン、CL・マンU戦への絶対的な自信

ドイツでは警戒論も香川の名も一切なし。史上最強バイエルン、CL・マンU戦への絶対的な自信

かつて香川真司はドイツで輝きを放った。それもあり、バイエルン対マンチェスター・ユナイテッドでの一戦では香川の名がメディアに登場するかと思いきや、一切ない。そればかりかユナイテッドへの警戒論さえないのである。王者の絶対的な自信が見える。

1試合平均719本・成功率88.8%、機械のようなパス回し。データが示したバイエルンの圧倒的な支配力

1試合平均719本・成功率88.8%、機械のようなパス回し。データが示したバイエルンの圧倒的な支配力

バイエルン・ミュンヘンがブンデスリーガを無敗で優勝した。しかもまだ3月。その強さは彼らのボール支配=パス回しにある。データでもライバルを圧倒していたことが証明された。

CLアーセナル戦、前半45分はウォーミングアップ。“勝ち疲れ”のバイエルンが見せた余裕と気の弛み

CLアーセナル戦、前半45分はウォーミングアップ。“勝ち疲れ”のバイエルンが見せた余裕と気の弛み

王者バイエルンが危なげなくCLベスト8入りを決めた。1stレグで2点のリードを持ち、ホームにアーセナルを迎えた2ndレグは1-1のドローだったが、どこか余裕を感じさせた。

20140228_get

22試合で22通りの布陣、無限の流動性。ペップ・バイエルンは本当に複雑なのか?

ペップ・バイエルンのサッカーは見ていて楽しい。だが、どこか“複雑”に思えなくもない。一つとして同じ布陣で戦うことなく、無限にポジションチェンジを繰り返す。複雑に思っても無理はないかもしれないが、彼らから発せられるのはシンプルなメッセージだ。

ポジションの概念を“消した”ペップ・バイエルン。敵地でも73%のボール保持、なぜこんなにも強いのか?

ポジションの概念を“消した”ペップ・バイエルン。敵地でも73%のボール保持、なぜこんなにも強いのか?

CLベスト16、アーセナル対バイエルン・ミュンヘンは0-2でバイエルンが勝利した。アウェイでも73%という高いボールポゼッション率で圧倒的な強さを見せたペップ・バイエルン。なぜこんなにも強いのだろうか。

CLベスト16。死角なき絶対王者バイエルン、アーセナルはどう戦うべきか?

CLベスト16。死角なき絶対王者バイエルン、アーセナルはどう戦うべきか?

今夜、行われるCLベスト16。2試合あるが、注目はアーセナル対バイエルン・ミュンヘンの一戦だ。アーセナルは“死の組”を勝ち抜け、プレミアリーグでも久々の優勝を狙える位置にいる。昨季3冠、今季も圧倒的な強さを誇示するバイエルンに対抗策はあるのか?

20140216_bay

戦術大国イタリアが脅威の分析「ペップ・バイエルンはたった1つの練習しかしていない」

こと戦術の研究において、イタリアは世界一だ。そんな戦術大国であればペップ・バイエルンの弱点が見つかるはずだ――。そんな企画は脆くも崩れた。だが、収穫はあった。カルチョの国きっての戦術家は徹底的にバイエルンを研究していたのである。『欧州サッカー批評09』(2月13日発売)では、伊サッカー協会に身をおき、名だたる名将もその理論を参考にしているという、マッシモ・ルッケージ氏に解析をお願いした。

20140215_pep

ペップ・バイエルンはなぜ強いのか?“11のモンスター”による“80%のバルサ”

もはや誰しもが恐れおののいている。グアルディオラに対する疑念は瞬く間に消え去った。バイエルン・ミュンヘンは間違いなく現在のフットボールの世界で最強のチームだ。昨季、すべてのタイトルを獲得したチームにペップは何をもたらしたのか。『欧州サッカー批評09』(2月13日発売)でドイツ人記者が分析する。(翻訳:杉山孝)

20140213_lib

リベリーが語る最高の監督、最低な監督「ファン・ハールのときは生きる喜びなんてかけらもなかった」

フランス代表では厳しいプレーオフを大逆転勝ちし、W杯出場権を獲得したフランク・リベリー。バイエルン・ミュンヘンでは昨季、欧州三冠を達成した。すべてを獲得したが、それでも勝利へこだわるのはなぜなのか?そして新監督に就任し、早くも欧州を席巻するペップのスタイルをどう思っているのか? 2月13日発売の『欧州サッカー批評09』では独占インタビューを行った。(翻訳:小川由紀子)

新着記事

↑top