ジョゼップ・グアルディオラ

ペップ・バイエルン、次のステップは「クライフの3バック」。更なる進化を求めるグラルディオラの野心

バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督は、新たなシーズンに向けて3バックにチャレンジした。まだまだ実験的な域を出ないが、バイエルンをさらに進化させようという野心も見える。

早くも評価を高めている“新エース”。ペップ・バイエルンを加速させるレヴァンドフスキの飢餓感

W杯が終わり、早くも新シーズンへの動きがスタートしている。ブンデスリーガ王者のバイエルン・ミュンヘンもその一つ。ライバル、ボルシア・ドルトムントから加入したロベルト・レヴァンドフスキは早々に結果を出した。

ペップ・グアルディオラはサッカーの救世主か?

ヨハン・クライフがペップ・グアルディオラに引き継いだ、ポゼッションサッカーの哲学は、我々にサッカーという価値観を再考することを迫っているようにも感じられる。『ペップの狂気』(カンゼン)では、ボールを重要視するグアルディオラの哲学が子細に描かれている。

CL惨敗も、期待を抱かせるに足るペップ・バイエルンの潜在能力

2013-14シーズン、ペップ・グアルディオラが率いるバイエルン・ミュンヘンはチャンピオンズリーグ連覇こそ逃したものの、国内2冠を達成した。5/28発売の『ペップの狂気』(カンゼン)では、グアルディオラ監督が就任する以前から、バイエルンはペップのサッカーを受け入れる素地を持っていたということが詳細に描かれている。

バイエルンだけでなく――。レアルによって打ち砕かれたドイツサッカーの自信。W杯への不安も

チャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーに敗れたバイエルン・ミュンヘン。自信に満ちていたムードから一転、ドイツ国内ではW杯を戦う同国代表への不安も囁かれ始めている。

王者バイエルンはなぜ敗れたのか? レアル戦で見えた未熟な姿とペップ・スタイルの脆さ

チャンピオンズリーグ準決勝、逆転を狙ったバイエルン・ミュンヘンだが、レアル・マドリーにホームで無残に敗れた。常に追いかける展開でらしさを失っていたのは事実。だが、まだこのチームは成熟していないということは忘れてはいけない。

45歳の早すぎる死、悲しみに包まれたスペイン。誰よりもバルサに尽くした男、ティト・ビラノバ

バルセロナの前監督、ティト・ビラノバ氏が4月25日に耳下腺腫瘍のため死去した。生前、ビラノバ氏はクラブのために自らの病状を公にすることを望まなかったという。その45歳という若すぎる死にはバルセロナのみならず、スペイン中が悲しみに包まれた。

ドイツ国内では皆が逆転勝利を確信。ペップ・バイエルンがレアルにまだ見せていない“別の顔”

いよいよレアル・マドリーとバイエルン・ミュンヘンの巨人対決も決着がつく。初戦を落とし、不利なバイエルンだがむしろ自信は高まっている。彼らには初戦とは違う別の顔がある。“偽9番”の採用で流動性はさらに加速する。

CLベスト4・2ndレグ。1点差リード、オッズも示した優位だが――。本当にレアルは有利なのか?

チャンピオンズリーグのベスト4・2ndレグでレアル・マドリーはアウェーでバイエルン・ミュンヘンと対戦。1stレグを1-0と辛勝しながらも、ポゼッションでは完全に後手を取ったマドリー。悲願の決勝進出へ最大の難敵を打ち破ることは出来るのだろうか?

ドイツとバルサの融合、ペップによる王者バイエルンの変革。戦術の鍵“偽2番”“偽5番”とは?

短期間でバイエルンを変革させたグアルディオラ監督。バイエルンとバルセロナの長所が見事に融合。“楽しい”という価値観を持ち込み、“勝利すること”が何よりも重視されるドイツのメンタリティーに新たな刺激を与えている。

TV放映権料1位はマンUだが――。データで読むプレミアリーグ、最もコスパの良いクラブは?

いま世界でもっともリッチなリーグであるイングランド・プレミアリーグ。莫大な放映権収入が各クラブに分配され、選手の年俸も非常に高額である。プレミアクラブのコストパフォーマンスを検証する。

レアルですら王者にとっては期待外れ? 敗戦もペップ・バイエルンにみなぎる“逆転への自信”と“余裕”

CLベスト4。レアル・マドリーのホームに乗り込んだバイエルン・ミュンヘンは0-1で敗れた。だが、バイエルンは追い込まれていない。彼らの言葉からはホームでの試合で逆転する自信すら感じさせる。

新着記事

↑top