ジョゼップ・グアルディオラ

クラブが、ペップが、メディアが“待ち望んだ”相手。レアル戦、バイエルンがついに本気を出す

ペップ・バイエルンは待ち望んでいた。本気を出せる相手を。CL準決勝でようやくそれが現れた。レアル・マドリーだ。クラブ、そしてメディアにとってもそれは同様だ。

現地番記者がCLベスト4を読む。対バイエルン戦、レアル有利な理由と勝利のための条件

今季のCLを勝つために、最難関の敵はバイエルン・ミュンヘンだ。ベスト4で激突するのはレアル・マドリー。果たして、絶対王者に勝つ術はあるのか。現地の番記者が徹底分析する。翻訳(江間慎一郎)

ブライトナーは、時に政治家のように、時に科学者のように。世界一洗練されたフットボールを世界に発信する「我がクラブ」バイエルンを語る

ドイツ代表を支えた往年の名選手にして、バイエルン・ミュンヘンのアドバイザーを務めるパウル・ブライトナーが来日。現在、世界一洗練されたフットボールを世界に発信する我がクラブを雄弁に語った。

もしかしたらペップ・マンUが誕生していたのか。ペップが「マンU後任候補だった」と発言

バイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督が昨シーズン途中にマンチェスター・ユナイテッド前監督のアレックス・ファーガソン氏と面会し、後任監督の打診を受けていたことを明らかにした。1日の英メディアが報じた。

ペップ・バイエルンは未だ進化の途上。マンUとの対戦で示した“バルサ超え”への道程

欧州チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、バイエルン・ミュンヘンはホームに香川真司所属のマンチェスター・ユナイテッドを迎えた。ペップ・バイエルンが今なお進化の途上にあることを示す一戦だった。

引いて守る相手にも揺るがないペップの自信と陽動作戦。マンU戦の鍵握るバイエルンの「プランB」

8日に行われるチャンピオンズリーグのベスト8・2ndレグ、ホームでユナイテッドを迎え撃つグアルディオラの自信とは? バルサ時代には失敗に終わった「プランB」の存在が勝敗を分けるのか。

マンU、CL今季最低ボール支配率も主将・監督は希望抱く。「バイエルン倒せる」「チャンスある」

王者バイエルンと引き分けたマンチェスター・ユナイテッド。7割以上ボールを保持され、厳しい戦いだったが、現地指揮者は「自信を付けた」と高く評価。ヴィディッチやモイーズ監督も第2戦への希望を抱いた。

香川に現地は高評価。「マンUの攻撃に力与えた」「試合を互角にした。バイエルン守備陣に不安与える」

1日、マンチェスター・ユナイテッド対バイエルン・ミュンヘンの一戦は1-1のドローに終わった。香川真司は後半開始から投入されると先制点のきっかけとなるなどいい動きを見せた。現地も高い評価をしている。

守備的スタイルの中での“危険な賭け”。モイーズはバイエルン戦でなぜ香川を投入したのか?

1日に行われたチャンピオンズリーグのベスト8。ホームにバイエルン・ミュンヘンを迎えたマンチェスター・ユナイテッドは1-1で引き分けた。前評判通りポゼッションで圧倒されたユナイテッドだったが、試合運びは見事だった。そんな中、香川を投入した意図とはどこにあるのか?

CLベスト8、1stレグ。王者バイエルンと激突するマンU。鍵握る“バイエルンキラー”香川

1日からスタートするチャンピオンズリーグ・ベスト8の1stレグ。ユナイテッド対バイエルン、バルサ対アトレティコの2カードが行われる。優勝候補筆頭の王者バイエルンをホームに迎えるユナイテッドに勝機はあるのか…。

ドイツでは警戒論も香川の名も一切なし。史上最強バイエルン、CL・マンU戦への絶対的な自信

かつて香川真司はドイツで輝きを放った。それもあり、バイエルン対マンチェスター・ユナイテッドでの一戦では香川の名がメディアに登場するかと思いきや、一切ない。そればかりかユナイテッドへの警戒論さえないのである。王者の絶対的な自信が見える。

1試合平均719本・成功率88.8%、機械のようなパス回し。データが示したバイエルンの圧倒的な支配力

バイエルン・ミュンヘンがブンデスリーガを無敗で優勝した。しかもまだ3月。その強さは彼らのボール支配=パス回しにある。データでもライバルを圧倒していたことが証明された。

CLアーセナル戦、前半45分はウォーミングアップ。“勝ち疲れ”のバイエルンが見せた余裕と気の弛み

王者バイエルンが危なげなくCLベスト8入りを決めた。1stレグで2点のリードを持ち、ホームにアーセナルを迎えた2ndレグは1-1のドローだったが、どこか余裕を感じさせた。

22試合で22通りの布陣、無限の流動性。ペップ・バイエルンは本当に複雑なのか?

ペップ・バイエルンのサッカーは見ていて楽しい。だが、どこか“複雑”に思えなくもない。一つとして同じ布陣で戦うことなく、無限にポジションチェンジを繰り返す。複雑に思っても無理はないかもしれないが、彼らから発せられるのはシンプルなメッセージだ。

ポジションの概念を“消した”ペップ・バイエルン。敵地でも73%のボール保持、なぜこんなにも強いのか?

CLベスト16、アーセナル対バイエルン・ミュンヘンは0-2でバイエルンが勝利した。アウェイでも73%という高いボールポゼッション率で圧倒的な強さを見せたペップ・バイエルン。なぜこんなにも強いのだろうか。

新着記事

↑top